Category Archive for "カテゴリーなし"

人数カウントシステムがどのように機能するかご存知ですか?

February 11, 2020
anilbostanci

ビジネスを経営している場合、間違いなく人数カウントシステムについて聞いたことがあるでしょう。これは、人数カウンターセンサーを人数カウンターソフトウェアに接続するシステムで、それにより、実店舗のビジネスにおいて、訪問者の正確なカウントを維持することが可能になります。ですが、どのようにシステムが機能するかご存知ですか?または、カウントソフトウェアからのデータがどのように重要なリテールアナリティクスに変換されるかご存知ですか?ご存知ない場合は、間もなくそれが分かります。システムが機能する方法だけでなく、ビジネスを変革し、業務を最適化し、業績を改善する上でシステムがどのように役立つかも分かるでしょう。 店舗の顧客カウンター:基礎 人数カウントセンサーは、ビジネスの場所、たとえば小売店に戦略的に配置されます。センサーにより、店舗に出入りする訪問者全員がカウントされ、そのデータは、バックエンドでサポートする人数カウントソフトウェアにより記録されます。これは、人数カウントシステムの機能の基本的な説明です。センサーにより収集されるデータは、店舗内の場所により異なります。 たとえば、センサーが出入口に配置されている場合、店舗に出入りした人の正確なカウント(98パーセント以上の精度)を提供します。同様に、センサーが店舗の個々のセクションのエントランスに配置されている場合、システムは、何人がセクションに入るかを記録します。一部の小売業者は、店舗の外に人数カウントセンサーを配置して、街路のトラフィックデータを収集しています。 ところで、データの収集は序の口にすぎません。ビジネスオーナーが店舗の経営方法および顧客の店内での行動の仕方を深く理解することを求めている場合、センサーにより収集されるすべての情報は、ビジネスオーナーにとって非常に重要です。 人数カウントデータの重要性 人数カウンターから抽出される最初の指標は、トラフィックデータです。これは、店舗訪問者の合計人数を表しており、そのデータは、さまざまな時間枠で収集されます。トラフィックデータはそのままで、業績の尺度になります。それは競合店舗と比較して、店舗がどれほど好評か、および店舗が何人の訪問者を引き寄せているかを示します。 トラフィックデータの別のメリットは、それをさらに分析して、その他の重要な店舗情報を取得できることです。たとえば、レジデータと交差分析する場合、店舗のコンバージョン率を引き出すことができます。この指標は、店舗訪問者の何割が購入を行うかを説明します。トラフィックデータからのアナリティクスはまた、ピーク時間とオフピーク時間、顧客対スタッフ比率、および直帰率を決定するために使用できます。 これらのすべての指標により、顧客の店内での行動が明らかになり、それらを改善して、売上を高めることができます。たとえば、直帰率は、店舗を通りすぎる人数に対して店舗に入る人数を測定します。90パーセントの直帰率とは、通行人の10人中1人のみが店舗に入ることを意味します。この数字を向上させることができれば、より多くの見込み顧客を取得します。 人数カウントと店内行動アナリティクス 人数カウントシステムの最も素晴らしい機能の1つは、それを店内行動アナリティクスと結びつける方法です。これは、顧客が店内で行う行動の理由を説明する重要なアナリティクスを指します。たとえば、店舗のコンバージョン率が低く、その理由を把握したい場合、それを可能にする技術があります。それが機能する方法は以下のとおりです。世界のリテールアナリティクスソフトウェアの大手プロバイダーであるV-Countは、ビジネスオーナーにサービス一式を提供します。 まず、それらは人数カウントセンサーを人数カウントシステム以外のソフトウェアに接続する方法を提供します。V-Countのソフトウェアを活用する小売業者は、トラフィックデータの収集に加えて、その他のアナリティクスも測定することができます。訪問者がどのように物理的スペースを動き回るかに関する洞察を提供するヒートマップソフトウェアがあります。それは、最もトラフィックの多いセクションと通路、および顧客が商品を扱う方法の概要を示します。V-Countはまた、行列管理および人口層分析ソフトウェアを提供します。 つまり、V-Countは、トラフィックデータに制限されません。顧客の行動の仕方を説明するより深い洞察を提供するその他のアナリティクスも収集できます。 人数カウントにより業績を改善する方法 フットフォールデータとその他の重要なリテールアナリティクスを収集した後、次の問題は、その情報を活用して、業績を改善する方法です。これは重要です。なぜなら、得られた洞察を適用しない場合、アナリティクスの収集は無意味な努力になるためです。このために、V-Countではビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)を提供します。 このソフトウェアでは、さまざまなソフトウェアから得られたデータをまとめます。BIPでは、最新のクラウドストレージ技術を使用して、データを保護します。さらに、データは分析され、V-Countのクライアントは、ビジネスの業績に関するレポートを受け取ります。レポートでは、すべての重要なリテールアナリティクスに重点を置き、改善する必要があるものを強調します。クライアントはまた、業務を最適化し、業績を高める方法に関する推奨事項を得ます。 要するに、人数カウントシステムは、トラフィックデータの収集と同じくらい基本的な機能に使用できます。しかし、データを活用して、よりいっそう多くを行うことができます。あなたは顧客とその好みについて詳しく学び、より容易に顧客満足度を改善し、その結果、売上を伸ばすことができます。また、店舗の経営の有効性について学び、業務を最適化し、サービスの提供を合理化する戦略を導入することができます。

小売店のフットトラフィックを分析するための最高のテクノロジー

顧客が実店舗を訪れるとき、彼らは店舗全体にショッピングの好みに関する手がかりを残します。彼らはお気に入りのショッピングの時間/曜日、時間を費やすのが好きな店舗のセクション、好みの商品についてのヒントを残します。購入しないビジターでも、購入しなかった理由を示唆するものを残します。 これらの手がかり/ヒントを活用して、店舗のデザインを改善したり、スタッフの配置を最適化したり、商品リストを向上させることができます。それらはまた、業務を改善し、顧客満足度を高めて、より高いコンバージョン率とリテンション率を確保するために使用することもできます。問題は、小売業者の多くがトラフィックを分析し、顧客が残す手がかりを解釈するためのデジタルソリューションが存在していることに気づいていないことです。 このために、当社は、市販されている最高のフットトラフィック分析テクノロジーのリストとそれらがどのように機能するかをまとめました。 人数カウントテクノロジー フットトラフィックを分析するための最初の手順は、それを計測することです。V-Countの人数カウントテクノロジーが計測を効果的に行います。人数カウンターからのデータには、ビジターのフットフォールに関する多数のインサイトがあり、それらを使用して、その他の重要なリテールアナリティクスを導き出すことができます。たとえば、小売業者は、1日に何人の顧客が訪問するか、すべての曜日の最も忙しい時間帯、すべての週の中で最も忙しい曜日を見積もることができます。 さらに、フットフォールデータは、新しいマーケティングイニシアチブの効果を評価する手段になります。キャンペーンの開始後のビジターのトラフィックの変化により、それがどの程度機能したかが示されます。 また、トラフィックデータを使用して、店舗のコンバージョン率を評価することもできます。これにより、購入したビジターと何も購入することなく出て行ったビジターを比較することができます。以下に、顧客が購入することなく店舗を去る理由に関するインサイトを提供することを目指すテクノロジーを紹介します。 ヒートマップアナリティクスソフトウェア ヒートマップテクノロジーでは、さまざまなアプローチを使用して、トラフィックデータを分析します。ソフトウェアでは、顧客エンゲージメントレベルを測定し、ビジターが店内をどのように移動するかを強調します。ヒートマップからのアナリティクスにより、小売業者は、最も客足の多いセクションと顧客の平均滞在時間を特定することができます。また、顧客がどのように店舗を移動しているか、および顧客が通常は商品とどのように関わっているかが明らかになります。 (ヒートマップによる)ビジターの店内の道筋の概略により、移動しやすいか、また希望の商品を見つけやすいかが示されます。店舗のレイアウトが複雑すぎて、ビジターが商品を見つけるのに苦労している場合、彼らは購入することなく店を出て行きます。同様に、調査では、店舗に見込み客が長く滞在すればするほど、購入を行うチャンスが高まることが示されています。これにより、滞在時間が重要な指標になります。指標を追跡および改善することにより、コンバージョン率を高めることができます。 最も客足の多いセクションと顧客の好みの商品を知ることにもまた利点があります。最もトラフィックの多いセクションには、最高の販売の可能性があります。そうしたセクションはまた、新しい商品への関与を高め、顧客に割引キャンペーンを販促するための素晴らしい手段になります。魅力的でない商品を商品リストから外し、人気の商品の置き場を作ることができます。または、人気の商品と不人気の商品をクロスセルして、売れ行きが良くない商品を売ることができます。 人口層分析テクノロジー V-Countの人口層分析テクノロジーにより、店舗へのビジターは、年齢、性別、気分に基づき複数のカテゴリーに分類されます。ビジターの人口層分布を把握すれば、顧客に適切な商品やブランドを提供することがより容易になります。また、個別化したサービスを提供し、商品への関心を維持することがより容易になります。 システムの気分の部分は、店舗へのビジターの満足度を測定するのに役立ちます。アナリティクスから、かなりの割合の顧客が不満を抱えて立ち去ることが明らかになっている場合、不満の原因を見つけ出し、迅速に解決する必要があります。 ビジネスインテリジェンスプラトフォーム ビジネスインテリジェンスプラトフォーム(BIP)は、フットトラフィック分析のための究極のテクノロジーです。上記のさまざまなソリューションから収集されたすべてのデータは、クラウドベースのプラットフォームに送信され、保存さます。その後、クラウドにホストされたAIと機械学習ツールにより、生データが理解しやすいレポートに変換されます。これらのレポートでは、コンバージョン率、カート放棄率、滞在時間、レジで費やした平均時間などのアナリティクスを介して店舗での顧客の行動を強調します。 また、マーケティングキャンペーンがBIPに統合され、プラットフォームは、各キャンペーンの有効性を測定します。結果の前後を比較することにより、最高のパフォーマンスのキャンペーンを特定することもできます。 最終的に、BIPでは、分析されたトラフィックデータに基づき店舗業務を改善する方法に関する推奨事項が提供します。ソフトウェアからのレポートを使用して、アクションプランを導入することで、ビジターのフットフォールを最大化し、ビジネスの効率を高め、収益を引き上げることができます。 最後に ビジターがはからずも手がかりを残したとしても、彼らは小売業者に自分の好みを見つけ出すことを期待しています。ピーク時間中に十分なレジスタッフを配置しない場合、ビジターは、ショッピングを放棄し、別の店舗に移動します。彼らは、小売業者がいつ店舗に活気があることを知り、それに備えることを期待しています。お気に入りの商品がある場合、彼らは訪問するときは常に、その商品が棚にあることを期待しています。 ビジターは、合理化されたサービスを要求しますが、小売業者がそれを提供する唯一の方法は、トラフィックデータを分析し、彼らが残す手がかりを解釈することです。上記のテクノロジーは、皆様が顧客の店内での行動を理解し、獲得するインサイトを最大限に活用するのを支援します。

トラフィックカウント技術およびその技術が小売店のビジネスをどのように支援するか

November 29, 2019
anilbostanci

小売店は訪問者を引き寄せることに苦労していますか?または見込み客の変換に苦労していますか?たぶん大勢の訪問者が小売店を訪れるでしょうが、そのほとんどが何かを購入することなく退出しているのではないでしょうか?小売店が最適に機能していない場合、またその理由を理解したい場合、V-Countのトラフィックカウント技術が回答を提供します。 当社のトラフィックカウント技術により、小売業者は、店舗および物理的場所の顧客のトラフィックを測定できます。通常、トラフィックデータの収集には多数の利点(人材の配属の改善、在庫補充の最適化、消耗品不足の回避の徹底など)があります。ところが、トラフィックデータをさらに分析した場合、重要な小売のメトリクスが開発されます。集客率、変換率、顧客とスタッフの比率、滞留時間、利用率、ロストセールス、カート離脱率などのメトリクス。 小売業を経営している場合、こららのメトリクスにより、顧客の店舗での行動、店舗の業務がどれほど円滑か、またビジネスの全般的な業績を追跡できます。店舗が特定の分野で業績が振るわない場合、メトリクスによりそれが分かります。その後、業績を改善するための戦略を導入して、進捗を追跡することができます。 小売業がトラフィックカウント技術からどのように恩恵を受けるかは、以下から詳しく確認できます。   店舗のフットフォールを測定し改善するには 小売店のトラフィックカウンターからのデータにより、何人が店舗に訪れるかが分かります。ユーザーはさらに、時間当たりの訪問者の人数を測定でき、ピーク時間帯とオフピーク時間帯を特定することができます。最も忙しい時間帯に、最大の売り上げの可能性があります。そうした時間帯を予測することにより、ユーザーはしかるべく準備することができます。フットフォールデータはまた、変換率、すなわち購入を行った訪問者の割合を測定するためにも使用されます。これは、店舗がどの程度トラフィックを最大化しているかを示します。 変換率を改善することは不可欠ですが、以下の2つの理由により大勢の訪問者を引き寄せる必要があります。第1に、見込み客は、店舗を訪れるときにのみ変換されます。第2に、実店舗の平均変換率は22.5%です。したがって、100人の訪問者を引き寄せた場合でも、そのうちのわずか20~25人が最終的に何かを購入するのです。 このため、トラフィックカウント技術からのデータにより、ユーザーが十分な訪問者を引き寄せていないことが明らかになった場合、フットフォールの改善を優先する必要があります。訪問者のトラフィックほど重要なメトリックはありません。その他のすべての小売のパラメーターは、それに依存しています。   店内の買い物行動を分析するには 訪問者を引き寄せた後の次の手順は、彼らの店舗での行動を理解することです。訪問者がどのように行動するかを知れば、彼らが好きなこと、また彼らを喜ばせる方法を予測することができます。個別化した買い物体験を訪問者に提供することにより、彼らはより高いレベルの満足度を得るため、満足した顧客はさらに買い物することになります。このレポートでは、2020年までに顧客体験は、ブランド間の主な際立った特性になり、製品品質、価格を上回ると予測しています。 では、トラフィックカウント技術により、どのように店内の買い物行動が測定されるのでしょうか?簡単です。先に述べたメトリクスを通してです。このイラストを検討してください。滞留時間により、何人が店舗(または店舗のセクション)を訪れ、また訪問者が平均でそこでどのくらいの時間を費やしたかが測定されます。データにより、顧客が店内で長い時間を費やしていないことが分かる場合、多数の要因が原因である場合があります。おそらく、彼らは自分が欲しい商品を見つけていないか、または接客する店員がいないのではないでしょうか。顧客とスタッフの比率により、特定の時間帯に店内のスタッフの数が少ないかどうか、またスタッフを雇用する/スタッフをより効果的に配備することにより、滞留時間を改善できるかどうか分かります。 上のイラストにより、すべての作業が手動で行われているように見えますが、実際は違います。自分でメトリクスを確認し、何が問題かを評価する必要はありません。V-Countは、トラフィックカウント技術に統合可能なその他の小売ソリューションを提供し、小売業者が店舗で起こっていることを深く理解するのを支援します。それらのソリューションの1つは、ビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)、AI駆動のデータ分析、およびビジネス報告プラットフォームです。BIPの詳細は、ここをクリックしてください。   店舗運営を改善するには トラフィックカウント技術と HeatmapやQueue Management Technologyなどのその他の小売アナリティクスソフトウェアを組み合わせる場合、メトリクスを開発して、店舗運営を追跡および最適化することができます。たとえば、Heatmapにより、店舗全体でのカスタマージャーニーが図示化されます。Queue Systemでは、店舗でのレジの混雑度と待ち行列をモニタリングします。 レジでの長い待ち行列により、カート離脱やロストセールスが生じます。これらを、多少の準備と積極的管理で防ぐことができます。たとえば、トラフィックデータを介して、ピーク時間帯を特定する場合、臨時のレジカウンターを設置して、トラフィックの一時的な混雑に対応することができます。Queue Systemにより、待ち行列の状況が通知されるため、追加の臨時カウンターを設置するか、または顧客をより混んでないセクションに誘導することができます。 Heatmapにより、訪問者が店舗を動き回る方法、顧客がどのセクションで最も時間を費やすか、人気の商品は何かを示すことができます。その結果、ユーザーは、店舗のレイアウトを改善して、カスタマージャーニーの容易化し、商品リストを最適化し、また新商品をトラフィックの多いセクションに配置して、露出を高めることができます。 店舗運営は、顧客の店内での行動に合うように設計される必要があります。これにより、常連客は、カスタマイズされた買い物体験を常に楽しむことが徹底され、店舗に再度訪れ、より多くの買い物をするよう動機付けられます。   その他の小売ソフトウェアに加えて、V-Countのトラフィックカウント技術により、小売業者が店舗のトラフィックをモニタリングし、顧客の行動を測定し、また顧客のニーズを満たすよう店舗を最適化することが可能になります。それらにより、システムと運営の非効率を除去し、長期的には、コストを削減し、(業績を改善する)ことができます。 当社のソフトウェアにご関心がおありの場合、今すぐV-Countのウェブサイトにアクセスしてください。小売業を経営している場合、無料のトライアルをご利用いただけます。お客様のビジネスがトライアルの対象かどうかご確認ください。

ドアカウンターと人数カウント技術についての知られざる5つの興味深い事実

October 25, 2019
anilbostanci

ドアカウンターと人数カウント技術は、ビジネスにおいて、物理的な場所の訪問者数を追跡することを可能にします。装置は入口と通路に設置され、これらの装置がその場所に出入りする人数をカウントします。人数カウント技術は、グローバルなビジネスの分野において効果的であることが証明されています。  このソリューションは、世界中の小売店だけではなく、銀行のホール、空港、ホテル、カジノ、テーマパーク、ガソリンスタンドなど、多くの場所で活用されています。 ある程度活用されているにもかかわらず、ビジネスマネージャーの多くは、人数カウント技術について多くを知りません。どのように作用し、ビジネスにどのようなメリットをもたらすものなのかを理解していないのです。より多くの人々がドアカウントシステムの背後にある概念を把握できるよう、5つの興味深い事実を以下で取り上げます。   最初の人数カウントシステムは手動 特定のビジネスにおいて、正確な往来人数を記録することが重要であることは、記録のための道具を生み出すまでに技術が発達していなかった時代にあっても認識されていました。このような背景から、最初のカウンター装置は手動でした。従業員は、入口付近に立つことを命じられ、人々が通過する度に装置のボタンを押していたのです。当然ながら、システムはとても非効率的で、人的資源の無駄遣いとみなされていました。さらに、人的ミスやラッシュアワー時の圧倒されるような往来人数から、収集されるデータの正確性に妥協も生じました。 このシステムに取って代わったのが、感圧マットにより記録される歩数に基づき訪問者を計測する圧力センサでした。これもそこまで正確とは言えず、結局、最初の電子カウンターに取って代わられることになりました。これらは、入口を横切るように照射される水平方向の赤外線と、カウントを記録するLCDユニットを特徴としていました。人々が赤外線を遮るごとに1回カウントされることになります。当時利用可能だった他の選択肢よりも正確性は高かったのですが、それでも、このシステムは60%から80%の正確性しかありませんでした。   現代の人数カウンターの正確性は98% 現代のドアカウンターの正確性は、従来のシステムと比べて著しく進歩しており、最も性能の良いカウンターは98%に達する正確性を記録しています。3Dステレオ視覚センサーを搭載したカウント装置は、往来が激しい時間帯であっても、高い有効性を誇ります。3Dカウンターは、一方向でも、双方向でも利用できます。 一方向のカウンターは、訪問者の出入りを区別しません。往来の総量を測定するのみであり、その数を2で割ります(通常の場合、人々は入ったら出ていくからです)。より高い正確性を目指す双方向のカウンターは、入ってくる人々を追跡し、同時に出ていく人々も追跡しますが、その数を別々に記録します。   子どもと大人を区別できるドアカウンターもある 3Dステレオカウンターは、多次元の奥行き検知を通じて、身長を計算することにより、訪問者を追跡します。簡単に言えば、これらの装置は、入口を通り抜ける訪問者の身長を測定します。身長に基づき、子どもと大人を識別します。 顧客はビジネスの場に子どもと一緒に訪れることがありますが、通常の場合、子どもはマーケットにおけるターゲットではありません。訪問者のカウントの際に子どもが含まれると、データは汚染され、コンバージョン率や集客率などの分析に影響を与えます。収集されたデータの正確性を高め、業績をよりよい精度で概観するには、子どもを除いて計測するドアカウンターが不可欠です。   小売業界は人数カウントの利用数が最も多い 訪問者があって成り立つすべてのビジネスは、客足を測定し、訪問者を追跡し、業績を評価するために、人数カウントシステムを必要とします。しかし、そのビジネスモデルが往来の最大化にどれほど依拠しているかを考えると、他のどのビジネスセクターよりも、小売店が人数カウント技術から最大限のメリットを享受しています。 ドアカウンターを利用する小売店は、どの程度効率的に店舗が運営されているかについて、幅広く知見を得る機会を有しています。これは、収集されたデータを変換して分析し、重要なリテール分析に落とし込むことによってなされます。 たとえば、チェックアウトのデータを用いて店舗の往来を分析すると、その店舗におけるコンバージョン率を算定することができます。往来のデータは、セクションごとの利用率を測定するために分析することができます。市場戦略の効率性を追跡するために用いることができます。ある小売チェーンにおける異なるロケーション間の業績を比較したり、各店舗の混雑/閑散時期を特定したり、スタッフ数を追跡したりすることにも用いることができます。   多くのビジネスでは収集した往来データを利用していない 人数カウントデータは役に立つものですが、多くの企業では、データを収集しても、それをまったく利用していません。これらの企業は、事業運営、顧客のふるまい、特定の戦略が売上に及ぼす影響についてのデータを欲しています。しかし、フォレスター社の報告書によれば、収集されたデータのうち、最大でその73%が利用されていません。 既に人数カウントシステムが設置されているにもかかわらず、訪問者データを活用する方法を知らないのであれば、上記(4)に記載のすべての分析の機会を失っています。これは、往来、売上、事業運営、これらの結果としての業績を追跡し、最適化することができないことを意味します。 幸いにも、人数カウントソリューションの世界有数のプロバイダーであるV-Countには、最先端のAIと機械学習ツールを用いて訪問者データを分析するビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)があります。 ドアカウンターや人数カウント技術がどのようにビジネスを変容させることができるかに興味があるオーナー/マネージャーの方々は、V-Count.comにある詳細情報をご覧ください。無料トライアルを提供しておりますので、利用資格についてご確認ください。

ビジターアナリティクス:ショッピングモールのトラフィックを最大化するためのテクノロジー

October 4, 2019
anilbostanci

ショッピングモールは、スペースを賃借する小売業者に加え、店舗を訪れる顧客に快適な環境を提供する必要があります。しかしながら、ほとんどのモールの複雑なレイアウトと途切れることない毎日のビジターを考慮すると、これは簡単な作業ではありません。公共空間を歩き回っている大勢の人を記録することは難しく、彼らのショッピング体験を管理することはよりいっそう難しいです。 ショッピングモールの管理者にとって、ビジター全員に円滑なショッピング体験を提供することが最重要です。ビジターが満足すれば、今後より多くのビジターが来場し、モール内の店舗に絶え間なく見込みの顧客が訪れます。モールがより多くのビジターを引き寄せるにつれて、モール内にスペースを確保することを目指す小売業者も増えます。需要が増えることにより、賃貸料が高くなります。 一部のアナリティクスにより、顧客を記録し、彼らの「モール内」体験を改善するのがより容易になります。ただし、これらのアナリティクスを測定するために、以下のテクノロジーが必要になります。   人数カウントテクノロジー 人数カウントテクノロジーにより、ショッピングモールの管理者は、任意の時間に、複合施設内に何人がいるかを測定することができます。彼らは、毎日の最も忙しい時間帯と週で最も忙しい曜日を特定することができます。これらのアナリティクスは、スタッフのスケジュールを改善し、モールのサプライ用品を補充するために使用されます。 ショッピングモールはまた、ビジターのトラフィックデータを使用して、マーケティングキャンペーンの有効性や過去のパフォーマンスに対するベンチマークを測定することができます。新しい小売業者にスペースを賃貸するとき、トラフィックデータにより、モールがどの程度アクティブか、また個々の店舗が何人のビジターを引き寄せているかが明らかにされます。 ビジターが少ない時間帯は、店員と警備員にとって、休憩を取り、次のトラフィックに向けて準備する機会になります。トイレのサプライ用品を交換し、陳列台が清潔であることを確認するのに最適な時間です。 モール内で人々が快適に過ごすことができればできるほど、購入するチャンスが高まります。トラフィックデータにより、アクティビティが低いことが明らかである場合、より多くのビジターを引き寄せるために、マーケティング戦略を実施することができます。人数カウントテクノロジーにより、これらの戦略のパフォーマンスを測定し、それらを最適化することができます。   ヒートマップテクノロジー ヒートマップにより、モール管理者は、ビジターアナリティクスをより深く調べることができます。何人がスペースを歩き回っているか、どのセクションが最もアクティブか、またビジターが建物を歩き回るのがいかに容易かが分かります。ビジターがモールを移動する方法を表示することにより、混雑している場所を特定し、混雑を避け、モールのレイアウトを改善することができます。 最も人通りの多い通路に沿って広告を配置して、視認性を高めることができます。より高いトラフィックのあるセクションは、ボトルネックを回避し、不品行を最小限に維持するために、より多くの店員と警備員を必要とします。魅力的な展示は、よりビジターが少ないセクションで、トラフィックを改善するために使用できます。 さらに、ヒートマップのデータを使用して、スペースに対する小売業者の賃貸料を決定することができます。一等地にある店舗は、アクティブがより低いセクションの店舗よりも高い賃貸料であるべきです。また、見込みのテナントに、トラフィックデータとともに、ヒートマップデータを示すことができます。これにより、モールに大勢のビジターが来ること、およびビジターのかなりの割合が新店舗が所在するセクションを通ることが示されます。   人口層分析テクノロジー このテクノロジーは、モールのビジターをさまざな人口層に分けます。ビジターの主な年齢層に加え、性別、スペースを歩き回るときのビジターの気分がわかります。たとえば、ツールのアナリティクスが65%のビジターが中年女性であることを示している場合、それに基づいて、マーケティングおよび賃貸を決定できます。 新しい占有者を探しているとき、あなたは賃貸スペースを主なグループを対象とする小売業者に優先することができます。彼らに人口層アナリティクスを提示することより、モールにターゲットマーケットの途切れることのないトラフィックがあることを示すことができます。既存の店舗が主な人口層を対象とする商品を販売している場合、既存の店舗に対してデータを提示して、彼らが利用できる販売機会を強調することもできます。 ショッピングモールの管理者はまた、マーケティングキャンペーンを作成して、若い/年を取った男女などの目立たないグループをターゲットにすることもできます。モールの人口層の分布が多様になればなるほど、店舗スペースを探している小売業者にとって、モールはますます魅力的になります。均一な分布はまた、より多くのビジターと販売機会の増加を意味します。 システムの一部の気分認識により、モール管理者は、建物から出るときと建物に入るときのビジターの気分を把握することができます。不満足なビジターは利益を生まないため、痛点を特定し、迅速な解決策を提供することが重要です。   上記のテクノロジーにより、ショッピングモールと小売店は、現在の物理的スペースでのビジターの行動を測定し、彼らの過去の行動を分析できます。結果として生じるアナリティクスは次に、今後の行動を予測するために使用され、ビジター全員に最適化およびカスタマイズされたショッピング体験を提供するのが容易になります。 ショッピングモールまたは小売店がそれらのいずれかを活用するには、今すぐV-Count.comにアクセスして、継続的な無料トライアルの資格があるかどうか確認してください。

ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがもたらす多くの利益

ピープル・カウンタ・デバイスを使用して、企業は物理的な店舗やオフィスを毎日訪れる顧客の数を見積もることができます。ヒートマップ技術を使用すれば、どのセクションに人が最も訪れているか、どの製品を手に取り、さらにそのセクションで何分ほどの時間を費やしているかなど、顧客が一定のスペースでどのような動きを示すかを知ることができます。一方、待ち行列管理デバイスは、それぞれのお客様がレジカウンターで過ごす時間を示すものです。これらのデバイスによって得られる情報は、その意味の適切な解釈の伴わない生のデータであり、基本的に役に立つものとは言えません。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、収集されたデータを解釈し、それを明快なレポートの形式で提示します。これにより、管理者がサービス提供を最適化し、ビジターを顧客に変換するような、データに基づくビジネスとマーケティング戦略を見出し、売上を伸ばすことができるようになります。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームのもたらす利益について、詳しくご紹介いたします: 販売機会の喪失を防ぐ あなたの店舗に訪れ、そして何も購入しなかったお客様は何人いるでしょうか?お客様が購入を取りやめる主要な理由は何でしょうか?今後はそうならないように、どんな対策を実施できるでしょうか?これらの質問に対する答えがあれば、ビジネスにおける販売機会の喪失を減少させ、変換率を改善することに貢献できます。 店舗におけるピープル・カウンタ・デバイスのデータにより、ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム顧客トラフィックに対する販売成功の分析が完成します。管理者は1時間あたり(または1シフトあたり)販売機会がいくつ失われたかを知ることができます。例えば、待ち行列管理デバイスによって、その期間に長い列があったことがわかり、さらにその行列が長すぎたために顧客は購入を断念するというようなことが明らかになります。 そうしたデータは、その店舗の準備には不備があり、結果として大きな顧客トラフィックに圧倒されていることを明らかにします。そこで、その再発を防止するために、例えばもう一つレジの行列を設けて、あまり忙しくない業務を行っている数人のスタッフを、レジでの作業に振り分けるなどの手順を踏むことができるのです。 スタッフ配置の改善および最適化されたサービス提供の確実な実施 銀行、携帯電話のサービスショップ、自動車のショールーム、レストランやバーなど、特定のサービスを提供する事業所で最適なサービスを提供するには、ビジターに対するスタッフ数の比率を適切に保つ必要があります。考えてみてください:10人の客に対して2人しかアテンダントのいないレストランで、お客様の全員が満足するサービスを受けるという事はまずありえないでしょう。アテンダントの数を6人に増員すればサービスの質はかなり向上します。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム はヒートマップとピープル・カウンタ・デバイスからの履歴データを利用し、管理者が1時間あたり(または1シフトあたりの)スタッフに対するビジターの比率を知ることができるようにします。これにより毎日の人員配置状態が示されます。コンピュータで自動化されたヒントを使うことで、このプラットフォームは、最高のパフォーマンスを確保するために、特定の時間に何人のスタッフまたはアテンダントを配置する必要があるかについての情報を管理者に提供することもできます。その結果、管理者は停滞する時間帯にはスタッフを配備せず、ピークの時間帯にはすべてのスタッフを揃えておくことが可能になります。 マーケティング・キャンペーンの効果性を定量化 新しい広告を作成し、それを見て来店した新規顧客の数を計測できるとしたらどうでしょうか。あるいは、新しいマーケティングの取り組みや、それが売り上げと顧客変換率に与えた影響を判定できるとすればどうでしょうか。マーケティング・キャンペーンアナライザによって、企業は自身が行うマーケティング活動の新しい取り組みを発表する前と後での店舗における顧客活動の比較を入手できます。 ピープル・カウンタ・デバイスにより、店舗を訪れた人の数を把握し、ヒートマップ・データは、どれだけ多くの人がその新製品をチェックしているかを示します。さらにビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、このデータを解釈して、得られたトラフィックの量、そして新しい取り組みによって得られた売上の増加を見積もることができます。訪問から販売への変換率、顧客の歩行活動、店舗滞在時間などのパフォーマンスなどの業績評価の指標が、キャンペーンの前と後でどう変化したかも計測することができます。これにより企業はマーケティングに費やされた金額当たりの効果を測定できるようになるため、効果が得られないキャンペーンを廃止することができるのです。こうした情報は戦略に微調整を施し、さらに効果的なものとするのに役立ちます。 待ち行列管理の実践のためのより効率的なデバイス 小売店において、精算のための長い行列は購入を取りやめる最大の理由の一つです。さらに悪いことに、あの店では長い行列を作って待たなければならないという悪評が立てば、お客様は店舗を訪問しなくなり、さらに効率の良い選択肢を求めていくことでしょう。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがあれば、管理者は、特定の時間にレジの行列に何人の客が並んでいるか、その時間に何人が購入を取りやめたかを把握できるようになります。これにより、管理者は平均待ち時間を削減し、店舗をより効率的に運営するための対策を実行することができるのです。 待ち行列が長すぎる場合、管理者はリアルタイムでその通知を受け取れるため、お客様がうんざりしてしまう前に、余裕を持って臨時のレジカウンタを設置することもできます。レジ待ち行列が短ければそれだけ店舗の効率が上がり、購入の取りやめが少なくなるほど、販売変換率が向上するというわけです。 終わりに V-Countは、ビジター分析において世界で最も先進的なプロバイダーです。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームでは、収集したデータをAIおよび機械学習を活用して分析する、クラウドベースのストレージ・インフラストラクチャをお客様に提供しています。その結果、クライアントに対し、店舗(またはオフィスの所在地)における業績の評価情報を提供することが可能となりました。さらに弊社は、業務改善と新しいビジネスの取り組みを最適化するのに役立つ、レポートおよび機能を提供しています。 弊社は世界100ヵ国以上で製品およびサービスを提供しています。 v-count.comでさらに詳しい情報をご覧ください。また、無料トライアルを開始するには、+1 866 549 9360までお電話でどうぞ。

行動分析:顧客行動を追跡する包括的テクノロジー

ある店舗を訪れた人が商品を購入する確率は20~30%ほどです。あなたの店舗にお客様が求める商品がある場合には、その数字はいくらか改善することでしょう。店舗のレイアウトは、訪問したお客様が意中のものを探すには十分シンプルな作りになっていれば、さらにその確率は上昇します。店舗にボトルネックがなく、レジにも行列がないとなれば、購入いただけることは確実でしょう。 小売店のオーナー/管理者として、あなたは次のような疑問の答えを探しておられるはずです。 “お客様が欲しい商品を理解するにはどうすれば良いのだろう?”“すべてのお客様が簡単に店舗内を動きやすいと感じる店舗をどうやって作ればいいのだろう?”“待ち行列を無くすためにはレジカウンターをいくつ設置すれば良いのだろう?”これらの疑問に正しい答えを出せる店舗では、20~30%の売上の確率が、50%をはるかに上回ることになります。 嬉しいことに、その答えを教えてくれるのは、他でもないあなたの店舗を訪れる人たちです。しかし同時に残念なのは、この疑問をお客様にじかにぶつけられる訳ではないということです;実際そうするのは煩わしく、非効率的でもあります。お客様が減ってしまうことにもなりかねません。幸運にも、あなたの店舗内でお客様の行動を追跡して、それを分析するテクノロジーが存在しています。その行動を分析することによって、お客様が欲しい商品は何か、店舗をどう整えるべきか、何人のスタッフが必要か、などを予測することが可能になります。 以下に、顧客行動分析とそれを役立てる方法を知るための最も効果的なテクノロジーのリストがあります: 顧客カウントシステム:店舗トラフィックを測定 顧客をカウントするソリューションによって、何人が店舗に入り、出て行ったかを正確に数えることができます。さらに店舗トラフィックを正しく測定することは訪問者の行動分析での最初の段階となります。これによって得られた情報は店舗のピーク時間とオフピーク時間を測定するためにも使用できます。例えばお客様が最も多く来店する時間帯の予測などがそれに含まれるでしょう。またそのデータは変換率の測定にも使用できます;購入した人の数と、店舗を訪問した人の数を対比させることができるのです。 お客様があなたの店舗に来る可能性が最も高い時間がわかれば、事前に準備することができます。アテンダントの数を増やす、一時的にレジカウンターを開設するなどの対応が可能になるでしょう。これは新製品をPRしたり、プロモーションを紹介したりする良いタイミングともなります。 ヒートマップ:お客様の店舗内での導線を大まかに把握する ヒートマップを見れば、個々のお客様が店舗内をどう動いているかを示すものです。お客様が最初に訪れたセクションはどこか、最も長い時間を過ごしたセクション、商品を手に取っていたセクションなどを知ることができます。お客様が店舗を移動し、好きな商品を手に取ることを難しく感じていないか、さらにセクションからセクションへどのように移動しているかも理解することができます。 この行動を分析すると、お客様が好まれる商品、お気に入りのセクション、どんな組み合わせで商品を購入するかなどに関する情報を入手できます。さらにこの分析によって、店舗レイアウトの最適化や商品の配置についてのデータも得ることができます。クロスセリングとアップセリングの機会を創り出すのにもこのデータを活用できます。 例えば、多くのお客様が靴を購入する場面では、近くに靴下を配置します。またチョコレートとパフュームを購入する人が多いなら、店舗にいる他の人も惹きつけるために、少しの割引を導入することができます。 待ち行列管理システム:待ち行列と失われた販売の機会を管理する 待ち行列管理のソフトウェアは、リアルタイムでレジを待っている人の行列を追跡します。店のどの場所がボトルネックになっているか、また訪問者が行列でどれほどの時間を過ごしたかを識別します。カートの放棄―つまり、どのお客様が買い物を断念したか、また喪失した販売の機会を測定します。管理者は待ち行列システムを通じて、店舗内で行列が開始したことを知ることができます。    顧客群解析:訪問者を行動特徴に基づいて分類する 店舗管理者が、特徴によって訪問者を分類できるなら、お客様に訴える商品を予測することがいっそう容易になります。顧客群解析を使用すれば、店舗訪問者の年齢層と性別を識別することができます。それだけでなく、お客様が店舗を離れる際、ハッピーに感じているのか、失望しているのか、フラストレーションを感じているかなど、彼らの気分を知ることもできるのです。 顧客群解析はまたターゲットを絞った広告展開にも有用です。以下のようなケースです:21歳の女性が画面の前に立ち、彼女の関心のある商品を扱ったものを見ます。その後、35歳の男性が同じスクリーンの前で、まったく別の広告、彼の特別のニーズを扱うものを目にします。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム:顧客行動データをビジネスレポートに変換する ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、店舗管理者が顧客の行動を深く理解するのを助けるレポーティングツールです。難解なデータをわかりやすい分析とビジネスレポートに変換してくれるものです。 例えばMAGという項目では、50%のお客様は店舗を離れるときに失望を感じている、というようなデータが示されます。あるいは、待ち行列管理システムを見るとあなたが60%の販売機会を喪失しているというデータを示します。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームとは、これらの現象の原因を示してくれるものです。 ヒートマップではお客様の店舗内での動きを、さらにインテリジェンス・プラットフォームはこの情報を店舗レイアウトの最適化にどう活用できるかを示してくれます。プラットフォームはまた、こうした取り組みの結果、訪問者が何人増加したかを教えてくれます。企画したキャンペーンを比較して、どのキャンペーンが最も効果的だったかも知ることができます。 考えてみれば、プロセスは非常にシンプルなものです。つまり、店舗でのお客様の行動を追跡する、データを分析して行動を理解する、これらの分析結果を使ってお客様の求めるものを予測する、そしてそれに基づいて店舗を最適化する、ということです。このすべては、上記のソリューションを通じて可能になります。 店舗にいずれかのテクノロジーを求めている小売り店舗のオーナー/管理者の皆さんは、当社ウェブサイトでさらに多くの情報を得ていただけます。さらに、可能性のあるお客様には無料トライアルをご用意し、このソリューションからどんな益が得られるかをご覧いただけます。

V-Countのキャンペーンマネージャー:顧客行動追跡でマーケティング効果を最大化

考えてみましょう:似通ったクオリティの3つのブランド商品があり、どの店舗もよく管理されています。さらに顧客サービスはどこをとってもハイレベルなものです。ブランドA、B、Cを差別化するものは何でしょうか?答えは簡単、マーケティングです。コカ・コーラのシェアがペプシの2倍である理由の1つは、マーケティングなのです。マーケティング戦略が優れていればそれだけ、多くの人があなたの店舗に惹きつけられることになります。訪問者のトラフィックが安定していることを知ったなら、あとは変換率を最適化するだけです。高い変換率は、あなたがより多くのセールスと利益を得ていることを意味します。つまり、あなたのビジネスが他者よりも先行しているということです。 ただし、この土台になるのは、正しいマーケティング戦略だということを忘れないでください。ビジネスオーナーはこのことをよく理解しています。安定して効果を発揮するものを見きわめるために、常にいくつものマーケティングキャンペーンを試し続けているのです。このプロセスには時間がかかり、多くのリソースを消費します。さらに、成功するという保証はほとんどありません。 小売店舗管理ソフトウェアをリードするプロバイダー、V-Countから、このプロセスをより効果的にする方法をご紹介します。キャンペーンマネージャーは、事業者が自身のキャンペーンを評価し、最適化する機能があり、それによって時間、費用、そして工数の削減が可能になります。 キャンペーンの統計:数値の追跡 例えば、ある洋服店が2分のビジュアル広告を制作したとしましょう。そのビデオは深夜に放送され、コメディのTVショーのCMとして流れました。翌朝には来店客数がやや増えると予想されるでしょう。3日目の夜までには、大幅に客足が増えるはずです;広告に効果があれば、ですが。 店舗管理者はこうした増加をどうやって追跡できるでしょうか?広告が流れた後の数日間、売上がどれほど上がったかをチェックするのは効果的とは言えません。1人のお客様が普通ではありえないほど大量に購入するようなことがあれば、データ全体の信頼性に傷がついてしまうからです。その代わりに必要なのは、いつもよりどれだけ多くの人が入店したかを測定することです。V-Countのキャンペーンマネージャーはそれを簡単にやってのけます。 その機能には「キャンペーン統計」というタブがあり、 そこには新しい広告キャンペーンの展開後に、通常より何人多くの人が店舗を訪れたかが示されます。2分の広告が効果的であることがわかれば、管理者は例えば店舗のターゲット市場層に見てもらえるように、その広告をファッションショーの合間に放映することを決めるかも知れません。さらにキャンペーン統計には、そうした決定の効果性を測定する機能も備えられています。 学び、改善し、最適化する 店舗管理者は、キャンペーン統計を活用して2つの、またそれ以上の広告キャンペーンを比較することもできます。例として、その2分の広告をファッションショーに合わせて放映した後、トラフィックにかなりの増加があれば、管理者はTVショーの方の放映はもうやめようと判断するかも知れません。より良い結果を得るため、その広告はその他のファッション関連の番組の方へと移動させることができます。これが一度完了したなら、戦略が効果的かどうかを確認するために、数字の追跡をもう一度開始します。 同時に進行している3つか4つのマーケティングの取り組みがあれば、「キャンペーン統計」に最も効果的な取り組みが表示されます。理想的には、最も良い成果を得ているキャンペーンに店舗のマーケティング予算の大部分を振り分けることになります。また、管理者がキャンペーンのうち1つを終了することを決定する場合、数字があればその決定はより容易になることでしょう。 さらに加えて、キャンペーン統計では、毎回のキャンペーンごとの変換率の推移も見ることができます。これで管理者は、マーケティングの努力の結果どれだけ訪問者が増加したかを知るだけでなく、そのうちの何人が購入をしたかを追跡できることになります。 キャンペーンリストによるより深い分析 キャンペーンマネージャーには「キャンペーンリスト」という2番目のタブがあり、キャンペーンが店舗トラフィックにどれほどの影響を与えたかについてのさらに広範囲な解析結果を知ることができます。小売チェーンが例えばロサンゼルスで6カ所存在しているなら、その6店舗すべてをターゲットとしてマーケティングキャンペーンが作成されます。キャンペーン統計が各店舗を追跡するのに対して、キャンペーンリストは、マーケティングの取り組み開始後数週間の全店舗の業績についての概要を示してくれます。 店舗1には、店舗5、店舗6と比較してどれだけの来訪があったか、さらには各店舗の変換率などをリスト表示することができます。この情報を使って、キャンペーン戦略をさらに改善すること、またどの店舗も後れをとらないようにするための取り組みも行うことができます。すべての店舗で十分に性能が発揮できるようにすれば、キャンペーン効果は絶大となることでしょう。 その他のV-Countソリューションとの統合 V-Countのキャンペーンマネージャーは、ヒートマップのようなV-Countが提供する他のソリューションと組み合わせることが可能です。ソリューションが組み合わされることで、管理者の皆さんは、店舗の内外で顧客行動に影響を与える新たなキャンペーンを追跡できるようになります。管理者は、ドローイン率、つまり何人の潜在的訪問者が入店することなく通り過ぎたかを測定できます。その率が低ければ、ウィンドウディスプレイを設けて通行人を惹きつけることを、すべての店舗のマーケティングキャンペーンに含めることができるよう調整できるかも知れません。お客様の滞在時間、お客様が店舗内の各セクションで過ごした時間の測定も可能です。これをさらに増加させるためには、商品の配置場所の改善や、店舗レイアウトの最適化、または店内作業方法に改善を加えることなどが考えられます。 キャンペーンマネージャーはV-Countの一機能です ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム。クラウドベースのビジネスレポーティングツールは、小売店舗がスタッフのスケジュールを最適化したり、店内作業を改善したり、さらには待ち行列を首尾よく管理する面で役立つことが実証されてきました。すべてが新しくなったキャンペーンマネージャーの機能、そしてビジネス・インテリジェンス・プラットフォームを使えば、事業者が行ったマーケティングキャンペーンの前と後での成果をベンチマークすることができます。その後はあらゆるマーケティングキャンペーンから最大限の効果を引き出すため、成果をさらに向上させ、最適化していくことができるでしょう。

スタッフ最適化による売上および顧客満足度の向上

小売店舗では一般的に、人件費、つまり従業員の給与と福利厚生で、年間利益の相当な額を使い果たしてしまいます。これは、マネージャーが給与名簿にあるスタッフを活用する重要性をさらに強調しています。ワーカーや営業スタッフが適切に機能するとき、店舗はスムーズに運営され、顧客は店舗内体験を楽しむことができます。良い店舗内体験とは、高いレベルの顧客満足度を意味します。これは高い売上、高い収入、そして高い利益率につながります。 スタッフ配置を最適化することで、店舗は人件費を削減することなく最終利益を押し上げることができます。そして、さらに多くの来店客を惹きつけ、その来店客を高い確率で顧客に変え、徐々に市場リーダーとなっていきます。ここで疑問になるのが、「どのようにスタッフ配置を最適化するのか?」ということです。以下をご覧ください。   顧客対スタッフ比率の測定と最適化 最適化の前に、まずは測定する手段が必要になります。それには、V-Countのビジネスインテリジェンスプラットフォームが最適です。この最先端の小売マネジメントソリューションであれば、店舗マネージャーは顧客対スタッフ比率を常に測定することができます。基本的に、当製品は毎時(および毎日)、店舗の来店客数とスタッフの利用可能性をトラッキングします。 測定に加えて、ビジネスインテリジェンスプラットフォームは「ストアオプティマイザー」と呼ばれる機能も備えています。 この機能はスタッフ配置の改善方法について提案をします。マネージャーが受け取るコンピュータ生成のプロンプトには、例えばこのようなメッセージが付いています。「2019年6月21日17:00~19:00にスタッフが不足していました。オペレーション効率のためにスケジュールを検討してください。」 このプロンプトに従うことで、マネージャーは顧客対スタッフ比率を最適化し、どの時間帯でも常に店舗内に十分な数の接客担当を確保することができます。 売上機会損失を減らすことで、来店客数を最大化する どの店舗にも、来店客数が増える時間帯、マネージャーが店舗の人員不足を放置できない時間帯があります。店舗の来店客数が多いということは、売上機会が多いことを意味するからです。また、素晴らしいサービスを提供することで、初めて来店した客が常連客になる可能性が高いことも意味しています。しかし、売上のポテンシャルだけでなく、ピークの時間帯は店舗内の動きにくさ、レジカウンターの長い列、接客担当よりも多い顧客の数も意味しています。これらはすべて、売上機会損失の確率を高めます。増えた来店客数を活用するために、マネージャーはこれに対処する必要があり、効果的なスタッフのスケジューリングから始めます。店舗に十分な数のスタッフがいれば、行列や動きにくさはすぐに解決されて、顧客は必要なときにサポートを受けることができます。 V-Countのストアオプティマイザーは、来店客数の最大化にも役立ちます。来店客数当たりの売上を測定することで、当ソフトウェアは一時間/一日当たりの売上機会の損失数に関する情報を提供します。マネージャーは顧客対スタッフ比率推奨機能を利用して、ピーク期間のスタッフ配置を改善し、高いコンバージョン率を確保することができます。 より良い店舗内マネジメントが顧客満足度を引き上げる 小売業者としてのゴールは、すべての来店客に対して購入プロセスを可能なかぎり簡単にすることです。店舗に入ってすぐに欲しい商品を見つけられなければ、人は最寄りの競合相手の店に行ってしまいます。商品について情報が必要なのに近くに接客担当がいなければ、購入をやめてしまいます。 良好な店舗内マネジメントは、いつでも、来店客一人ひとりのニーズに対応するために、営業フロアに十分な数の接客担当がいることを意味します。PwC調査によれば、顧客の40%は買い物体験を最も良くする因子は、熟練の営業スタッフによるアテンドだそうです。十分な接客担当を用意していない場合、顧客は不満を残し、結果として売上の数字が損害を被ります。   最適なスタッフスケジューリングがもたらす他のメリット V-Countビジネスインテリジェンスプラットフォームのストアオプティマイザー機能は、スタッフが多すぎる時間帯も指摘します。一般的にはオフピークの時間で、このような時間帯は全員体制を維持する必要はありません。オフピークの時間には、少人数のチームに店舗を見る任務を与えながら、休憩や昼食休憩を固定することができます。 オフピークの時間は、営業フロアで接客担当を暇にしておくのではなく、棚卸し、陳列棚の補充、商品陳列の改善に使うこともできます。忙しくなり始めるときには、このような二次的なタスクはすべて完了していて、接客担当全員が顧客に集中できるようになります。 ストアオプティマイザーが店舗のスタッフ数は適切であると示している一方で、売上機会の損失を示している場合は、そこに得るべき知見があります。これは、接客担当が自分の仕事を得意としていないか、または店舗が間違った商品を並べていることを意味しているかもしれません。マネージャーはこれをすぐに判別する必要があります。 調査では、顧客がプロのサービスに非常に価値を見出していることが指摘されています。また、素晴らしいカスタマーサービスは、5人の営業スタッフが80人の顧客をアテンドしていては提供できません。V-Countのビジネスインテリジェンスプラットフォームであれば、小売業者の方は最適なスタッフ配置の方法が理解できないからといって、もう二度と売上を失う必要はありません。このソフトウェアがスケジューリングをすべて行いますので、マネージャーがしなければならないことは、その提案に従うことだけです。 V-Countや当社の小売マネジメントソフトウェアのラインナップについては、当社ウェブサイトをご覧ください。初めてのお客様には無料トライアルをご用意しています。ぜひご利用ください。

転換率の最適化:小売店への訪問者数の減少が及ぼす影響の軽減

July 2, 2019
anilbostanci

Eコマース革命が激化するにつれて、実店舗を訪れる人の数は少なくなっています。人々は自宅で買い物をする方が簡単であると感じており、このトレンドは小売店への訪問者数に悪影響を及ぼしています。店舗訪問者の減少に対応する目的で、小売業者は、当初、訪問者数を増やす為に新しいマーケティング・キャンペーンを打つことに重点を置いていました。しかし、それは上手く行きませんでした。 しばらくして、多くの小売業者は、別の方法があることに気付きました。それは、店舗にもっと多くの人々を引き付けることを試みるのではなく、毎日店舗にやって来る訪問者を最大限に活用することでした。店舗の訪問者数を増加することに焦点を当てるのではなく、転換率を向上させることに焦点を当ててはどうでしょう? 店舗の転換率を向上させることの意味 店舗の転換率とは、実際に購入した訪問者が、総訪問者に占める比率を意味します。100人があなたの店舗を訪れ、そのうち30人だけが実際に購入した場合、転換率は30%です。逆に、50人が訪れて30人が購入した場合、訪問者の60%を転換したことになります。したがって、店舗の訪問者数を増やす為に努力するよりは、購入をする訪問者数を増加させる方が、より簡単であり、利益を拡大することができます。 訪問者は既にあなたの店舗内にいるので、より簡単なのです。必要なのは、ただの訪問者を、お金を払うお客様に転換することだけです。その方がより有益です。なぜなら転換率が高いほど売上高は拡大し、利益の額も伸びるからです。 転換率の測定とモニタリングの方法 測定またはモニタリングする方法がない場合、転換率を最適化することはできません。転換率を測定するには、店舗訪問者数の正確なデータが必要です。日/週/月あたりに何人の訪問者が訪れたかが把握できれば、それらの数値をその期間に達成した売上高と比較することができます。 ありがたいことに、人数を数えるテクノロジーが、物理的な場所を訪れる人数の正確な測定を可能にしました。これらの機器は入り口に設置されます。そして、最高精度の機器は、98%以上の正確さで測定します。売上高と訪問者数のデータを比較すると、店舗の転換率を測定できます。測定手段を手に入れれば、転換率を追跡し、何か新しい変更を加えてときに、どのように転換率が変化(上昇)するかをチェックすることができます。 売上データだけでは不十分な理由 一部の小売業者は、店舗の訪問者を推定する為に売上高のみを使用していますが、これは間違っており、誤解を招く可能性があります。売上高の数字は、購入した人数を示すだけです。それは、必要な商品が見つからなかった、カスタマーサービスが貧弱だった、または、チェックアウトの待ち行列が長すぎたなどの理由の為に、実際には購入せずに店舗を去った人達のことを、何も説明していません。転換率を最適化するには、これらすべての人達を、単なる訪問者から実際に購入するお客様に転換する必要があります。その為には、彼らが購入を断念した理由に対処する必要があります。彼らが断念した理由を考慮していなければ、そもそも対処することなど不可能です。 転換率を最適化する為の実用的な方法 転換率を測定し、モニタリングを行うのであれば、顧客転換率を上昇させ、店舗訪問者数の減少の悪影響を軽減する実用的な方法がいくつかあります。人数をカウントするテクノロジーに加えて、以下は、小売業者が転換率を容易に最適化する為の追加的なソリューションです。 店舗の訪問者数を予測し、最大限に活用する V-Countのビジネス情報プラットフォームを使って、人数をカウントする機器から得られるデータを分析すると、ストア・マネージャーは、店舗のピーク時間を示したレポートを受け取ります。それは、最も売上の上がる確率が高い時間帯です。これらの時間帯は、店舗の転換率を大幅に高めることができます。 スタッフスケジュールの最適化 どのような店舗でも、説得力があり、お客様にとって非常に優秀な店員がいるものです。すべての店員の時間当たり転換率を計算することによって、最も優秀な店員を特定することができます。ピークの時間帯には、より高い転換率を確実なものとする為に、最も優秀な店員を売り場に配置しなければなりません。オフピークの時間帯には、店舗運営に必要な最小限度のスタッフを維持しておけばよいのです。これによって、他のスタッフを売り場から移動させ、棚の上の不足在庫を補充したり、不適切な在庫を取り除いたりする作業に従事させることができます。 44 待ち行列を短縮し、待ち時間を減らします 小売店の乱雑を無くすのに役立つ待ち行列管理システムがあります。これらのシステムはリアルタイムで動作し、店舗内に長い行が形成され始めたら、マネージャーに通知が送信されます。 商品の配置改善 すべてのお客様のお気に入り商品(およびブランド)が予測できた場合を想像してみてください。それだけではなく、お客様が、店舗の中を動き回る順路も分かったとします。ヒートマップテクノロジーは、それを可能にします。ヒートマップ機器が分析したデータは、お客様が店舗内をどのように動き回るか、最も頻繁に訪れるのはどのセクションか、よく見たり触ったりするのはどの商品かを示します。 この情報は商品の調達を改善する為に使用できます。また、お客様がどのように動き回るかが分かるならば、店のレイアウトを調整して、一緒に売れる商品同士を互いに近くに配置することもできます。例えば、ワインとチョコレートの場合などです。お客様のお気に入りの商品をリストして、それらを互いに近くに配置した場合、転換率を向上させるだけではなく、クロスセルの機会も生み出します。 これらを実行することによって、お客様一人ひとりが、あなたの店舗で自分の必要とするものを見つける確率が高まります。ピーク時に優秀な店員を配置することで、何も購入しないで去ってしまう訪問者の数を最小化することができます。最後に、待ち行列管理システムを導入することによって、カート放棄を最小限に抑えることができます。 人数カウンター、ヒートマップソリューション、ビジネス情報プラットフォーム、および上記のその他の小売管理ツールの詳細については、 V-Count.com を参照してください。Vカウントは、訪問者分析テクノロジーの大手プロバイダーです。世界中の店舗が、当社のソリューションを使用して転換率を最適化しています。あなたも、当社のソリューションを、ぜひご利用ください。


Subscribe To Our Newsletter