実店舗の小売店でのeコマース分析の採用

実店舗の小売店と比べた場合、eコマースのWebサイトが優れている重要なメリットの1つに顧客データへのアクセスがあります。オンラインストアで行われる意思決定、そして実装される戦略はすべて、データ駆動型です。マーケティングやプロモーションから在庫管理、顧客サービスの提供に至るまで、オンラインストアでは分析データが継続的に活用され最適化が図られています。

その結果、オンライン小売業者は、業務のあらゆる側面でパフォーマンスが追跡され、必要に応じて改善を行うことができます。そのため、より多くの見込み客を引き付け、訪問するユーザーのコンバージョン率を向上し、かなりの割合の顧客を保持する上での準備が整っているのです。結果として、これはより多くの売り上げ、より高い収益、より良好なビジネスパフォーマンスにつながります。

これまで実店舗の小売店には、オンラインストアのレベルのデータを活用するツールがありませんでした。しかし、そういった状況は過去のものです。V-Countの小売分析ソフトウェアを使用すると、実店舗の小売業者はeコマースWebサイトと同じ分析を行うことができます。訪問客の店内での行動を診断し、一般的な傾向を特定することが可能となります。 顧客のお気に入りの商品を特定し、購入プロセスのすべてのステップを追跡することもできます。

物理的な小売店を経営している場合、こういった分析は、運用を合理化し、販売を改善するために採用すべきeコマースのスタイルの主な分析です。

  1. 店舗全体のトラフィック
    トラフィックとは、小売店を通過する訪問客の量です。小売店でのその他の指標はすべて、歩行者の統計に依存しており、店舗は着実に増加する見込み客の流れを取り込まなければなりません。V-CountのPeople Counting ソフトウェアは、店舗の交通量およびその他の客数分析についての正確な測定値を提供します。日毎・月毎・年毎の訪問客数の推定、ピーク期間の特定を行い、店舗の経時的なトラフィックがどのように変化するかを追跡することが可能です。取得した情報は、商品調達プロセスの改善、人員配置のニーズの決定、マーケティングキャンペーンの効果の評価に利用することができます。小売チェーンの一店舗の場合、トラフィックデータとベンチマークパフォーマンスをその他の拠点の店舗と比較することもできます。
  2. 直帰率/ウォークイン率
    オンラインストアの場合の直帰率は、1ページだけ閲覧した後にWebサイトから離れる訪問ユーザーの割合です。実店舗の小売店の場合の直帰率は、店舗に足を踏み入れた顧客(ウォークイン)と店の前を通り過ぎた顧客の割合となります。V-CountのPeople Countingソリューションの分析を使用すると、直帰率が測定され、経時的な変化を追跡することができます。店舗のウォークイン率を高める戦略を実装することが、トラフィックと売り上げの増大につながります。
  3. コンバージョン率
    小売業においては、店舗のトラフィックの次に最も重要な指標がコンバージョン率です。コンバージョン率とは、商品を購入した訪問客と、何も買わずに手ぶらで店を出た訪問客の割合を指します。実店舗での平均コンバージョン率は25%です。つまり、店舗の訪問客の4人に1人のみが何かを購入することになります。コンバージョンは売り上げに直接関係しており、この数字を少しでも増やすことができれば、売り上げと収益の増大につながります。ただし、測定手段がないと、この指標を改善することはできません。小売業者は、業界をリードするBusiness Intelligence Platformを利用して、コンバージョン率に関する定期的なレポートを生成することができます。また、このソフトウェアには、重要な小売分析をリアルタイムで追跡およびレポートするダッシュボードが提供されています。
  4. 店舗のエリア毎の稼働率
    店舗内の最も混雑するエリアを識別することには多くのメリットがあります。まず、混雑するエリアは販売につながる可能性が最も高く、ここには客足を最大化にするしっかりとした計画を立てる必要があります。たとえば、混雑するエリアにより多くのスタッフを配備することで顧客満足度を高め、コンバージョン率の向上を狙うことができます。次に、訪問客のアクティビティが多いエリアは、新商品のエンゲージメントの機会を作り、プロモーションオファーを宣伝するのに最適な場所であるという点があります。V-Countの Heatmap ソリューションにより、実店舗は各エリアの稼働率を特定することができます。ソフトウェアによる分析では、顧客が店舗内をどのように移動するのか、どの商品が最も手にとられる機会が多いのか、という分析情報も提供されます。
  5. カート放棄率
    カート放棄率とは、料金支払いの直前に購入プロセスを放棄した顧客の割合を指します。オンラインストアでは、送料無料や割引を提供することにより、カート放棄率を低減することが可能です。実店舗の小売店では、顧客が買い物を途中で放棄する主な理由は、劣悪な顧客サービスやレジを待つ列が長いことがあげられます。Queue Managementシステムによる分析を使用すれば、店内の顧客対スタッフの割合を把握し、提供されるサービスの質の向上に取り組むことが可能です。この分析により、店舗におけるレジ時間の平均に関する分析情報も得られます。支払いまで5分以上待たなければならない場合、3人に1人の顧客が途中で購入をやめるとされます。

こういった分析を採用することは、最初のステップにすぎません。データによりパフォーマンスの滞りがみられる箇所が特定された後、状況を改善する上での戦略を策定することが求められます。例えば、直帰率が高すぎる場合は、店舗の看板やウィンドウのディスプレイの改善が必要でしょう。より多くの訪問客を取り込む上で、割引を提供することもできるでしょう。これと同様に、追加のレジを設置したり、ピーク時により多くのスタッフを配置することでカート放棄率の低減を図ることができます。小売分析ソリューションは、実店舗の小売店に、ソリューションなしでは達成できないデータポイントを収集する手段を提供します。これまでは、こういった分析を活用してきたオンラインストアは、実店舗に比べて競争力を持っていました。しかし、V-Countを採用することで、小売店はデジタルソリューションを採用し、同様の競争力を実現することができるのです。


Subscribe To Our Newsletter