売り手と顧客の関係をテクノロジーがどう変容させたか

以前は顧客と売り手との関係は個人的なやり取りによって築かれていました。顧客が店舗で過ごす時間が長いほど、売り手は顧客の買う商品の好みや行動パターンをより深く把握することができたのです。しばらく関係を続けるうちに、売り手は顧客Aが好むブランド、顧客Bが最も訪問する可能性が高い時間帯などを予測することができたのです。こういった分析情報はその後、サービスの提供をパーソナライズして、それぞれの顧客のショッピング体験を改善していくことにつながっていたのです。 しかし、こういったアプローチは数人の顧客以上の人数の顧客に拡張することはできません。1日あたり2千人以上の訪問客が訪問する店舗では、すべての顧客との効果的な一対一の関係を維持することは不可能です。また、人の記憶たよりで顧客の買い物の好みを正確に特定することも不可能です。さらに、数人の顧客から得られた分析情報をベースに、ふらっと立ち寄った顧客の好みの予測まですることはできません。 以前のやりかたには限界がありますが、新しい技術を利用したソリューションが開発され、売り手と顧客のやりとりの方法も変貌をとげています。以下では、小売業界における技術的ソリューションの効果を説明します。   店内での行動の追跡と顧客の好みの特定 小売分析テクノロジーにより、売り手は顧客の行動を人間が監視してその傾向を特定する必要がなくなりました。また、訪問客の好みを判断するのにアンケートをお願いする必要もなくなりました。 People counting デバイス(およびソフトウェア)を活用することにより、売り手は顧客の行動の一般的なトレンドを特定することができるようになりました。例えば、カウントソフトウェアの分析により、顧客のトラフィックに関する分析情報が提供されます。店長は、客足のデータを追跡し、店舗を訪れた顧客の数と、経時的なトラフィックの変化を確認することができます。また、店舗がピークとなる時間帯を特定し、顧客が訪問する可能性が高い時間帯を判断することもできます。 ヒートマップ記述を活用すると、顧客の好みに関してさらに詳しい分析情報を取得することができます。店舗内を移動する顧客の経路がデジタルアウトラインにプロットされ、訪問される頻度が高いエリア、最も時間を費やしたエリア、お気に入りの商品が表示されます。   店舗デザインと商品配置の最適化 ヒートマップ技術のもう1つのメリットは、ソリューションから派生した分析を活用して、店舗のデザインやレイアウトを改善することができる点です。顧客の足跡がプロットされることで、訪問客が必要なセクションや商品を見つける上での難易度が分かります。必要に応じて、店舗を再度デザインしなおし、顧客の移動をシンプル化し、お気に入りの商品を手に取るまでの距離を短縮することができます。 かつては売り手が店舗のデザインが最適ではないことに気づく前に顧客が苦情をこぼすことがあったかもしれません。ヒートマップソフトウェアを使用すると、店舗オーナーは、より積極的に行動を起こし、問題の芽が大きくならないうちに摘み取ることができるようになります。 ヒートマップ分析では、店舗内の最も混雑する通り道も強調表示されます。人が頻繁に行き来する箇所は、視覚的なディスプレイを配置するのに最も適切なエリアであり、新商品やプロモーションの宣伝に活用されるべきです。   顧客のショッピング体験の改善 かつては、売り手と顧客との関係に関して店舗オーナーは何人かの顧客が不満を抱いているかどうかを判断することができました。そういった場合、オーナーは顧客から何が問題かを学び、必要な調整を行うことができたのです。ただ、既に説明した通り、こういったソリューションは数百人の顧客が訪れる店舗のケースに適用することはできません。さらに、初めて訪れる客の場合、直接苦情を口にするほど店舗に思い入れがない場合もあります。こういった客のほとんどは途中で買い物をあきらめ、二度と戻ってこないでしょう。 顧客のショッピング体験についての満足度を測定できる小売店向け分析があります。売り手は満足度の追跡により、ほんの一握りの人々ではなく、ほとんどの顧客の満足度を向上させることができます。 顧客満足度を確認する方法の1つに、店舗のカート放棄率の調査があります。買い物を中断する客がいる場合、何かが間違っています。また、平均レジ時間を測定するという方法もあります。買い物をする際、顧客は列に並んで待たされることは好みません。待たされることは、ポジティブなショッピング体験の最大の障害の一つであると考えられています。 この2つの分析は、 Queue Management テクノロジーを介して取得することができます。このソフトウェアでは店舗での待ち列が追跡され、列が長くなりすぎた場合にリアルタイムで売り手に通知が送信されます。また、システムが収集するデータを分析して、より深い顧客の分析情報を取得することもできます。これを活用し、顧客にとっての購入プロセスをできる限りスムーズに改善することで、店舗のオーナーは顧客のショッピング体験の向上を図ることができます。その結果、顧客のコンバージョン率および定着率も向上します。   より正確な事業レポート 小売分析テクノロジーの大きなメリットは、上記のすべてのソフトウェアによって収集されたデータを業務レポートのプラットフォームに集約することができることです。例えば、V-Countのビジネスインテリジェンスプラットフォームは、複数の小売ソリューションからのデータを照合して分析することができます。システムは、売り手が業務のパフォーマンスの概要を閲覧することができる正確かつ包括的なレポートを提供します。 正確なレポートがあることで、売り手はKPIを監視し、KPIの経時的変化も確認することができます。店舗がチェーンの一部である場合、マネージャーはその他の拠点と比較したパフォーマンスのベンチマークを行い、パフォーマンスの良いストアから採用すべき戦略の特定に取り組むことができます。 こういったタイプのビジネスレポートは、テクノロジーなしでは実現不可能です。また、売り手が顧客との個人的なやり取りを通じて、レポート上で利用できるような情報を収集することは不可能です。   最終的な収益 結論として、テクノロジーによって顧客が売り手とやり取りする方法に革命がもたらされました。今日では、ビジネスオーナーは以前よりも豊かな顧客についての分析情報を利用することが可能となりました。また、テクノロジーに支えられたソリューションにより、店舗の最適化、運用の合理化を図り、パフォーマンスを向上させることが可能となりました。 ただし、顧客とのやりとりは依然として不可欠です。そのため、最適な顧客とスタッフの比率が肝心です。店舗は、小売分析テクノロジーにより、顧客対スタッフの指標を測定(および最適化)する手段を提供しています。 上記の小売ソリューションにご興味がある場合は、 V-Count.com にアクセスしてください。

実店舗の小売店でのeコマース分析の採用

実店舗の小売店と比べた場合、eコマースのWebサイトが優れている重要なメリットの1つに顧客データへのアクセスがあります。オンラインストアで行われる意思決定、そして実装される戦略はすべて、データ駆動型です。マーケティングやプロモーションから在庫管理、顧客サービスの提供に至るまで、オンラインストアでは分析データが継続的に活用され最適化が図られています。 その結果、オンライン小売業者は、業務のあらゆる側面でパフォーマンスが追跡され、必要に応じて改善を行うことができます。そのため、より多くの見込み客を引き付け、訪問するユーザーのコンバージョン率を向上し、かなりの割合の顧客を保持する上での準備が整っているのです。結果として、これはより多くの売り上げ、より高い収益、より良好なビジネスパフォーマンスにつながります。 これまで実店舗の小売店には、オンラインストアのレベルのデータを活用するツールがありませんでした。しかし、そういった状況は過去のものです。V-Countの小売分析ソフトウェアを使用すると、実店舗の小売業者はeコマースWebサイトと同じ分析を行うことができます。訪問客の店内での行動を診断し、一般的な傾向を特定することが可能となります。 顧客のお気に入りの商品を特定し、購入プロセスのすべてのステップを追跡することもできます。 物理的な小売店を経営している場合、こういった分析は、運用を合理化し、販売を改善するために採用すべきeコマースのスタイルの主な分析です。 店舗全体のトラフィック トラフィックとは、小売店を通過する訪問客の量です。小売店でのその他の指標はすべて、歩行者の統計に依存しており、店舗は着実に増加する見込み客の流れを取り込まなければなりません。V-CountのPeople Counting ソフトウェアは、店舗の交通量およびその他の客数分析についての正確な測定値を提供します。日毎・月毎・年毎の訪問客数の推定、ピーク期間の特定を行い、店舗の経時的なトラフィックがどのように変化するかを追跡することが可能です。取得した情報は、商品調達プロセスの改善、人員配置のニーズの決定、マーケティングキャンペーンの効果の評価に利用することができます。小売チェーンの一店舗の場合、トラフィックデータとベンチマークパフォーマンスをその他の拠点の店舗と比較することもできます。 直帰率/ウォークイン率 オンラインストアの場合の直帰率は、1ページだけ閲覧した後にWebサイトから離れる訪問ユーザーの割合です。実店舗の小売店の場合の直帰率は、店舗に足を踏み入れた顧客(ウォークイン)と店の前を通り過ぎた顧客の割合となります。V-CountのPeople Countingソリューションの分析を使用すると、直帰率が測定され、経時的な変化を追跡することができます。店舗のウォークイン率を高める戦略を実装することが、トラフィックと売り上げの増大につながります。 コンバージョン率 小売業においては、店舗のトラフィックの次に最も重要な指標がコンバージョン率です。コンバージョン率とは、商品を購入した訪問客と、何も買わずに手ぶらで店を出た訪問客の割合を指します。実店舗での平均コンバージョン率は25%です。つまり、店舗の訪問客の4人に1人のみが何かを購入することになります。コンバージョンは売り上げに直接関係しており、この数字を少しでも増やすことができれば、売り上げと収益の増大につながります。ただし、測定手段がないと、この指標を改善することはできません。小売業者は、業界をリードするBusiness Intelligence Platformを利用して、コンバージョン率に関する定期的なレポートを生成することができます。また、このソフトウェアには、重要な小売分析をリアルタイムで追跡およびレポートするダッシュボードが提供されています。 店舗のエリア毎の稼働率 店舗内の最も混雑するエリアを識別することには多くのメリットがあります。まず、混雑するエリアは販売につながる可能性が最も高く、ここには客足を最大化にするしっかりとした計画を立てる必要があります。たとえば、混雑するエリアにより多くのスタッフを配備することで顧客満足度を高め、コンバージョン率の向上を狙うことができます。次に、訪問客のアクティビティが多いエリアは、新商品のエンゲージメントの機会を作り、プロモーションオファーを宣伝するのに最適な場所であるという点があります。V-Countの Heatmap ソリューションにより、実店舗は各エリアの稼働率を特定することができます。ソフトウェアによる分析では、顧客が店舗内をどのように移動するのか、どの商品が最も手にとられる機会が多いのか、という分析情報も提供されます。 カート放棄率 カート放棄率とは、料金支払いの直前に購入プロセスを放棄した顧客の割合を指します。オンラインストアでは、送料無料や割引を提供することにより、カート放棄率を低減することが可能です。実店舗の小売店では、顧客が買い物を途中で放棄する主な理由は、劣悪な顧客サービスやレジを待つ列が長いことがあげられます。Queue Managementシステムによる分析を使用すれば、店内の顧客対スタッフの割合を把握し、提供されるサービスの質の向上に取り組むことが可能です。この分析により、店舗におけるレジ時間の平均に関する分析情報も得られます。支払いまで5分以上待たなければならない場合、3人に1人の顧客が途中で購入をやめるとされます。 こういった分析を採用することは、最初のステップにすぎません。データによりパフォーマンスの滞りがみられる箇所が特定された後、状況を改善する上での戦略を策定することが求められます。例えば、直帰率が高すぎる場合は、店舗の看板やウィンドウのディスプレイの改善が必要でしょう。より多くの訪問客を取り込む上で、割引を提供することもできるでしょう。これと同様に、追加のレジを設置したり、ピーク時により多くのスタッフを配置することでカート放棄率の低減を図ることができます。小売分析ソリューションは、実店舗の小売店に、ソリューションなしでは達成できないデータポイントを収集する手段を提供します。これまでは、こういった分析を活用してきたオンラインストアは、実店舗に比べて競争力を持っていました。しかし、V-Countを採用することで、小売店はデジタルソリューションを採用し、同様の競争力を実現することができるのです。

成功への秘訣:小売業者がお客様の購買体験を改善する方法

過去数年の間、小売業者間の競争が非常に厳しくなっています。オンラインプラットフォームが実店舗に加わり、多数の小売店がひしめいています。これらの業者すべてが年間4%程増加する顧客の注意を引こうと争っています。 数年前は、価格と製品の質がブランドにおいて最も差別化されている部分でしたが、小売業者は時間を経て価格を下げ多様な商品を出品することで調整を行いました。最近の市場分析から顧客体験が小売りにおいて新たな差別化段階にあることがわかります。見込客が来店し楽しい購買体験ができた時、彼らは再び来店したくなり、お得意様となるのです。 ハーバードビジネススクールの教授の研究によると、決定はほとんど無意識に行われています。多くのお客様はお気に入りのブランドがあることに気づいてすらいません。お得意様は徐々に、かつしばらくしてから、自分が同じ店を定期的に訪れていることに気がつきます。 ザルツマン教授は、小売業種は調査を行うより店内の行動を研究することで顧客の好みについてもっと理解できると書いています。これは多くのお客様が、こと購買体験となると、自分が何を欲しているのかわからなくなるからです。しかし、見て体験すれば、認識できるのです。   顧客の傾向と好みの特定 お客様の購買体験を向上する第一ステップは、彼らに尋ねることなく彼らが何を好むかを特定することです。お客様の好みがわかっていれば、それに基づき店舗を最適な状態にし、ブランドロイヤリティを高めることができます。デジタルソリューションをいくつか使って来店者の店内での行動を追跡できます。これらのソリューションから得られたデータで店内の傾向とお客様の好みに注目した分析ができます。 V-Countの人数計測技術を使って来店者数の傾向を特定することができ、お客様と見込客が来店しそうな時間帯を容易に予測することができるようになります。当社のヒートマップ技術により小売店はお客様の店内でのジャーニーをデジタルで概略化することができます。この情報は、お客様の店内での動向を特定するためにも使えます。また、V-Countのデモグラフィック分析システムは年齢や性別で来店者をグループ分けするためにも使用できます。 当社の技術により、顧客行動の測定と傾向と好みの特定が容易になります。また、これによって小売店はサービスを改善しお客様の購買体験を向上することができます。   購買ジャーニーの簡略化 購買ジャーニーとは見込客が店に入ってから購入して店を出るまでに起こるすべてを表わしています。購買体験を改善するためには、ジャーニーを理解しすべての段階を最適化する必要があります。つまり、すべての場所が見つけやすいように店舗を設計し、来店者に訴求する製品を陳列し、会計段階をできるだけスムーズにするということです。 当社のヒートマップ技術から得られる観点から、店舗設計やレイアウトを最適化することができます。ソフトウェアによりお客様の店内での動向が概略化され、お客様が欲しい製品を見つけるのがどの程度容易かがわかります。レイアウトを改善しカスタマージャーニーを簡易化することでステップが達成されます。 製品の陳列もデモグラフィック分析システムにより最適化できるでしょう。このソフトウェアは来店者の主要デモグラフィックを強調します。見込客のほとんどが属する性別や年齢群を特定できれば、彼らに訴えかける製品やブランドを在庫しておくことが容易になります。   運営を合理化し来店者の時間を節約 サービス提供の効率性はお客様の購買体験を向上するもうひとつの方法です。運営を合理化すれば、お客様が対応してもらいたいときに、すぐに駆け付けることができます。会計カウンターにお客様がいらした時に、お買い上げの処理をすぐにできる会計係がいます。忙しい時間帯にいらしたとしても、受けるサービスの質が著しく落ちることがありません。これらすべてでお客様の時間を節約することができ、お客様の購買体験が向上します。 人数計測システムと行列管理ソフトウェアを使って業務を合理化できます。人数カウンターを使い店舗で平均何人のお客様を受けいれているか追跡し、来店者数が多くなる傾向のある時間帯を特定できます。この情報はスタッフ配置を最適化しサービスを向上するために使えます。 行列システムを使って店内で待っている列と混雑状態を監視することができます。これらを解決することでお客様は待つことがなくなり、購買体験が向上します。   カスタマイズした直感的な購買体験の提供 Eコマースウェブサイトの顕著なメリットのひとつはお客様が欲するものを売り手が理解する手法です。数回クリックするうちに、まさに欲しいものを見つけることができます。テレビを買う場合は、ウェブサイトはサウンドシステムをお勧めします。このカスタマイズした直感的な体験により買い物はもっと楽しいものになります。 実店舗でも同じようなレベルの個別化を提供することが可能です。必要なものはお客様が定期的に関わる製品を特定するためのヒートマップソフトウェアによる分析だけです。この情報からパフォーマンスの劣る製品を下げて棚を片付け、お客様が欲しいものを見つけられるようにできます。 また、補完的な製品を近くに配置することでさらに売り上げを伸ばす機会を作り出せます。また、似ていないけれども需要の高い製品を抱き合わせ販売することも可能です。お客様は店舗が自分の好みに合ったものになっていると感じると、買い物を楽しむようになります。   ボトムライン まず、最適化は一夜にしては起こらないことを理解する必要があります。この技術により来店客が店内でどのような行動をするかについての洞察ができるため、主要な傾向を追跡しお客様の好みを特定できます。また、これによって変更点を考えて実施し、お客様の購買体験を向上することができます。 上記で説明した当社の技術は小売分析ソリューションに属します。V-Countはこれらの技術的ソリューションを最もたくさん提供しています。世界中の小売業者がすでにソフトウェアを利用しています。当社の人数計測、ヒートマップ、行列管理、デモグラフィック分析の詳細につきましては当社ウェブサイトでご覧いただけます。

顧客人数計測:小売店の来店者数分析方法

小売店には毎年多数の人が訪れます。店舗の主な目標はお客様を惹きつけ売り上げを得ることです。しかし、この常に変化する来店者数が小売店にとって新しい価値を生み出す原動力にもなるのです。ここから来店者数データを収集し正確な主要小売分析ができます。これによってお客様の行動と好みがわかり、一般的な傾向を特定することで、来店者数を最大限にすることができます。 考えてみてください。あなたは家具のショールームを運営していて、店舗分析から顧客の75%は女性であることがわかりました。また、見込客のほとんど(60%まで)は土曜日の午前10時から午後3時までの間に来店していることをデータは示しています。この情報のみから、たくさんの販売機会を作り出し、店舗運営を最適化できます。一部の小売業者は来店者数データを積極的に収集し分析しているため、常に詳細を得ています。 驚くことに、全米小売業協会(National Retail Federation :NRF)は小売業者のわずか 47% 程度が顧客分析を活用していると概算しています。あなたが小売店を運営していて来店者数の分析および活用方法がわからなければ、以下のガイドが役立つはずです。 Counting and Analyzing Visitor Traffic 最初のステップは来店者数データを計測し分析することです。これによって何人が来店したか、最も忙しい時間帯、来店者に関する他の関連情報の概要が得られます。 Peak/off-peak periods 顧客行動について洞察するため重要な測定です。来店者数が増えるのが何時頃かわかっていれば、それに合わせて準備し無駄に慌てることがなくなります。 店舗で最も忙しい時間帯を特定するには顧客人数計測技術が必要です。ソフトウェアが来店者数カウンターからの履歴データを分析し、来店が見込まれる時間、曜日、季節を判定します。V-Countはこのソフトウェアを世界で最もたくさん提供しています。 Capture rate 通りと顧客カウンターのデータを使って、店舗の捕獲率を判定できます。通りの通行量と店舗へ入った人数を比較して計算しています。店舗の前を1000人が通り過ぎ10人だけが入店した場合、捕獲率は非常に低い、1パーセントです。 …

人数カウントシステムがどのように機能するかご存知ですか?

February 11, 2020
anilbostanci

ビジネスを経営している場合、間違いなく人数カウントシステムについて聞いたことがあるでしょう。これは、人数カウンターセンサーを人数カウンターソフトウェアに接続するシステムで、それにより、実店舗のビジネスにおいて、訪問者の正確なカウントを維持することが可能になります。ですが、どのようにシステムが機能するかご存知ですか?または、カウントソフトウェアからのデータがどのように重要なリテールアナリティクスに変換されるかご存知ですか?ご存知ない場合は、間もなくそれが分かります。システムが機能する方法だけでなく、ビジネスを変革し、業務を最適化し、業績を改善する上でシステムがどのように役立つかも分かるでしょう。 店舗の顧客カウンター:基礎 人数カウントセンサーは、ビジネスの場所、たとえば小売店に戦略的に配置されます。センサーにより、店舗に出入りする訪問者全員がカウントされ、そのデータは、バックエンドでサポートする人数カウントソフトウェアにより記録されます。これは、人数カウントシステムの機能の基本的な説明です。センサーにより収集されるデータは、店舗内の場所により異なります。 たとえば、センサーが出入口に配置されている場合、店舗に出入りした人の正確なカウント(98パーセント以上の精度)を提供します。同様に、センサーが店舗の個々のセクションのエントランスに配置されている場合、システムは、何人がセクションに入るかを記録します。一部の小売業者は、店舗の外に人数カウントセンサーを配置して、街路のトラフィックデータを収集しています。 ところで、データの収集は序の口にすぎません。ビジネスオーナーが店舗の経営方法および顧客の店内での行動の仕方を深く理解することを求めている場合、センサーにより収集されるすべての情報は、ビジネスオーナーにとって非常に重要です。 人数カウントデータの重要性 人数カウンターから抽出される最初の指標は、トラフィックデータです。これは、店舗訪問者の合計人数を表しており、そのデータは、さまざまな時間枠で収集されます。トラフィックデータはそのままで、業績の尺度になります。それは競合店舗と比較して、店舗がどれほど好評か、および店舗が何人の訪問者を引き寄せているかを示します。 トラフィックデータの別のメリットは、それをさらに分析して、その他の重要な店舗情報を取得できることです。たとえば、レジデータと交差分析する場合、店舗のコンバージョン率を引き出すことができます。この指標は、店舗訪問者の何割が購入を行うかを説明します。トラフィックデータからのアナリティクスはまた、ピーク時間とオフピーク時間、顧客対スタッフ比率、および直帰率を決定するために使用できます。 これらのすべての指標により、顧客の店内での行動が明らかになり、それらを改善して、売上を高めることができます。たとえば、直帰率は、店舗を通りすぎる人数に対して店舗に入る人数を測定します。90パーセントの直帰率とは、通行人の10人中1人のみが店舗に入ることを意味します。この数字を向上させることができれば、より多くの見込み顧客を取得します。 人数カウントと店内行動アナリティクス 人数カウントシステムの最も素晴らしい機能の1つは、それを店内行動アナリティクスと結びつける方法です。これは、顧客が店内で行う行動の理由を説明する重要なアナリティクスを指します。たとえば、店舗のコンバージョン率が低く、その理由を把握したい場合、それを可能にする技術があります。それが機能する方法は以下のとおりです。世界のリテールアナリティクスソフトウェアの大手プロバイダーであるV-Countは、ビジネスオーナーにサービス一式を提供します。 まず、それらは人数カウントセンサーを人数カウントシステム以外のソフトウェアに接続する方法を提供します。V-Countのソフトウェアを活用する小売業者は、トラフィックデータの収集に加えて、その他のアナリティクスも測定することができます。訪問者がどのように物理的スペースを動き回るかに関する洞察を提供するヒートマップソフトウェアがあります。それは、最もトラフィックの多いセクションと通路、および顧客が商品を扱う方法の概要を示します。V-Countはまた、行列管理および人口層分析ソフトウェアを提供します。 つまり、V-Countは、トラフィックデータに制限されません。顧客の行動の仕方を説明するより深い洞察を提供するその他のアナリティクスも収集できます。 人数カウントにより業績を改善する方法 フットフォールデータとその他の重要なリテールアナリティクスを収集した後、次の問題は、その情報を活用して、業績を改善する方法です。これは重要です。なぜなら、得られた洞察を適用しない場合、アナリティクスの収集は無意味な努力になるためです。このために、V-Countではビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)を提供します。 このソフトウェアでは、さまざまなソフトウェアから得られたデータをまとめます。BIPでは、最新のクラウドストレージ技術を使用して、データを保護します。さらに、データは分析され、V-Countのクライアントは、ビジネスの業績に関するレポートを受け取ります。レポートでは、すべての重要なリテールアナリティクスに重点を置き、改善する必要があるものを強調します。クライアントはまた、業務を最適化し、業績を高める方法に関する推奨事項を得ます。 要するに、人数カウントシステムは、トラフィックデータの収集と同じくらい基本的な機能に使用できます。しかし、データを活用して、よりいっそう多くを行うことができます。あなたは顧客とその好みについて詳しく学び、より容易に顧客満足度を改善し、その結果、売上を伸ばすことができます。また、店舗の経営の有効性について学び、業務を最適化し、サービスの提供を合理化する戦略を導入することができます。

小売店のフットトラフィックを分析するための最高のテクノロジー

顧客が実店舗を訪れるとき、彼らは店舗全体にショッピングの好みに関する手がかりを残します。彼らはお気に入りのショッピングの時間/曜日、時間を費やすのが好きな店舗のセクション、好みの商品についてのヒントを残します。購入しないビジターでも、購入しなかった理由を示唆するものを残します。 これらの手がかり/ヒントを活用して、店舗のデザインを改善したり、スタッフの配置を最適化したり、商品リストを向上させることができます。それらはまた、業務を改善し、顧客満足度を高めて、より高いコンバージョン率とリテンション率を確保するために使用することもできます。問題は、小売業者の多くがトラフィックを分析し、顧客が残す手がかりを解釈するためのデジタルソリューションが存在していることに気づいていないことです。 このために、当社は、市販されている最高のフットトラフィック分析テクノロジーのリストとそれらがどのように機能するかをまとめました。 人数カウントテクノロジー フットトラフィックを分析するための最初の手順は、それを計測することです。V-Countの人数カウントテクノロジーが計測を効果的に行います。人数カウンターからのデータには、ビジターのフットフォールに関する多数のインサイトがあり、それらを使用して、その他の重要なリテールアナリティクスを導き出すことができます。たとえば、小売業者は、1日に何人の顧客が訪問するか、すべての曜日の最も忙しい時間帯、すべての週の中で最も忙しい曜日を見積もることができます。 さらに、フットフォールデータは、新しいマーケティングイニシアチブの効果を評価する手段になります。キャンペーンの開始後のビジターのトラフィックの変化により、それがどの程度機能したかが示されます。 また、トラフィックデータを使用して、店舗のコンバージョン率を評価することもできます。これにより、購入したビジターと何も購入することなく出て行ったビジターを比較することができます。以下に、顧客が購入することなく店舗を去る理由に関するインサイトを提供することを目指すテクノロジーを紹介します。 ヒートマップアナリティクスソフトウェア ヒートマップテクノロジーでは、さまざまなアプローチを使用して、トラフィックデータを分析します。ソフトウェアでは、顧客エンゲージメントレベルを測定し、ビジターが店内をどのように移動するかを強調します。ヒートマップからのアナリティクスにより、小売業者は、最も客足の多いセクションと顧客の平均滞在時間を特定することができます。また、顧客がどのように店舗を移動しているか、および顧客が通常は商品とどのように関わっているかが明らかになります。 (ヒートマップによる)ビジターの店内の道筋の概略により、移動しやすいか、また希望の商品を見つけやすいかが示されます。店舗のレイアウトが複雑すぎて、ビジターが商品を見つけるのに苦労している場合、彼らは購入することなく店を出て行きます。同様に、調査では、店舗に見込み客が長く滞在すればするほど、購入を行うチャンスが高まることが示されています。これにより、滞在時間が重要な指標になります。指標を追跡および改善することにより、コンバージョン率を高めることができます。 最も客足の多いセクションと顧客の好みの商品を知ることにもまた利点があります。最もトラフィックの多いセクションには、最高の販売の可能性があります。そうしたセクションはまた、新しい商品への関与を高め、顧客に割引キャンペーンを販促するための素晴らしい手段になります。魅力的でない商品を商品リストから外し、人気の商品の置き場を作ることができます。または、人気の商品と不人気の商品をクロスセルして、売れ行きが良くない商品を売ることができます。 人口層分析テクノロジー V-Countの人口層分析テクノロジーにより、店舗へのビジターは、年齢、性別、気分に基づき複数のカテゴリーに分類されます。ビジターの人口層分布を把握すれば、顧客に適切な商品やブランドを提供することがより容易になります。また、個別化したサービスを提供し、商品への関心を維持することがより容易になります。 システムの気分の部分は、店舗へのビジターの満足度を測定するのに役立ちます。アナリティクスから、かなりの割合の顧客が不満を抱えて立ち去ることが明らかになっている場合、不満の原因を見つけ出し、迅速に解決する必要があります。 ビジネスインテリジェンスプラトフォーム ビジネスインテリジェンスプラトフォーム(BIP)は、フットトラフィック分析のための究極のテクノロジーです。上記のさまざまなソリューションから収集されたすべてのデータは、クラウドベースのプラットフォームに送信され、保存さます。その後、クラウドにホストされたAIと機械学習ツールにより、生データが理解しやすいレポートに変換されます。これらのレポートでは、コンバージョン率、カート放棄率、滞在時間、レジで費やした平均時間などのアナリティクスを介して店舗での顧客の行動を強調します。 また、マーケティングキャンペーンがBIPに統合され、プラットフォームは、各キャンペーンの有効性を測定します。結果の前後を比較することにより、最高のパフォーマンスのキャンペーンを特定することもできます。 最終的に、BIPでは、分析されたトラフィックデータに基づき店舗業務を改善する方法に関する推奨事項が提供します。ソフトウェアからのレポートを使用して、アクションプランを導入することで、ビジターのフットフォールを最大化し、ビジネスの効率を高め、収益を引き上げることができます。 最後に ビジターがはからずも手がかりを残したとしても、彼らは小売業者に自分の好みを見つけ出すことを期待しています。ピーク時間中に十分なレジスタッフを配置しない場合、ビジターは、ショッピングを放棄し、別の店舗に移動します。彼らは、小売業者がいつ店舗に活気があることを知り、それに備えることを期待しています。お気に入りの商品がある場合、彼らは訪問するときは常に、その商品が棚にあることを期待しています。 ビジターは、合理化されたサービスを要求しますが、小売業者がそれを提供する唯一の方法は、トラフィックデータを分析し、彼らが残す手がかりを解釈することです。上記のテクノロジーは、皆様が顧客の店内での行動を理解し、獲得するインサイトを最大限に活用するのを支援します。

トラフィックカウント技術およびその技術が小売店のビジネスをどのように支援するか

November 29, 2019
anilbostanci

小売店は訪問者を引き寄せることに苦労していますか?または見込み客の変換に苦労していますか?たぶん大勢の訪問者が小売店を訪れるでしょうが、そのほとんどが何かを購入することなく退出しているのではないでしょうか?小売店が最適に機能していない場合、またその理由を理解したい場合、V-Countのトラフィックカウント技術が回答を提供します。 当社のトラフィックカウント技術により、小売業者は、店舗および物理的場所の顧客のトラフィックを測定できます。通常、トラフィックデータの収集には多数の利点(人材の配属の改善、在庫補充の最適化、消耗品不足の回避の徹底など)があります。ところが、トラフィックデータをさらに分析した場合、重要な小売のメトリクスが開発されます。集客率、変換率、顧客とスタッフの比率、滞留時間、利用率、ロストセールス、カート離脱率などのメトリクス。 小売業を経営している場合、こららのメトリクスにより、顧客の店舗での行動、店舗の業務がどれほど円滑か、またビジネスの全般的な業績を追跡できます。店舗が特定の分野で業績が振るわない場合、メトリクスによりそれが分かります。その後、業績を改善するための戦略を導入して、進捗を追跡することができます。 小売業がトラフィックカウント技術からどのように恩恵を受けるかは、以下から詳しく確認できます。   店舗のフットフォールを測定し改善するには 小売店のトラフィックカウンターからのデータにより、何人が店舗に訪れるかが分かります。ユーザーはさらに、時間当たりの訪問者の人数を測定でき、ピーク時間帯とオフピーク時間帯を特定することができます。最も忙しい時間帯に、最大の売り上げの可能性があります。そうした時間帯を予測することにより、ユーザーはしかるべく準備することができます。フットフォールデータはまた、変換率、すなわち購入を行った訪問者の割合を測定するためにも使用されます。これは、店舗がどの程度トラフィックを最大化しているかを示します。 変換率を改善することは不可欠ですが、以下の2つの理由により大勢の訪問者を引き寄せる必要があります。第1に、見込み客は、店舗を訪れるときにのみ変換されます。第2に、実店舗の平均変換率は22.5%です。したがって、100人の訪問者を引き寄せた場合でも、そのうちのわずか20~25人が最終的に何かを購入するのです。 このため、トラフィックカウント技術からのデータにより、ユーザーが十分な訪問者を引き寄せていないことが明らかになった場合、フットフォールの改善を優先する必要があります。訪問者のトラフィックほど重要なメトリックはありません。その他のすべての小売のパラメーターは、それに依存しています。   店内の買い物行動を分析するには 訪問者を引き寄せた後の次の手順は、彼らの店舗での行動を理解することです。訪問者がどのように行動するかを知れば、彼らが好きなこと、また彼らを喜ばせる方法を予測することができます。個別化した買い物体験を訪問者に提供することにより、彼らはより高いレベルの満足度を得るため、満足した顧客はさらに買い物することになります。このレポートでは、2020年までに顧客体験は、ブランド間の主な際立った特性になり、製品品質、価格を上回ると予測しています。 では、トラフィックカウント技術により、どのように店内の買い物行動が測定されるのでしょうか?簡単です。先に述べたメトリクスを通してです。このイラストを検討してください。滞留時間により、何人が店舗(または店舗のセクション)を訪れ、また訪問者が平均でそこでどのくらいの時間を費やしたかが測定されます。データにより、顧客が店内で長い時間を費やしていないことが分かる場合、多数の要因が原因である場合があります。おそらく、彼らは自分が欲しい商品を見つけていないか、または接客する店員がいないのではないでしょうか。顧客とスタッフの比率により、特定の時間帯に店内のスタッフの数が少ないかどうか、またスタッフを雇用する/スタッフをより効果的に配備することにより、滞留時間を改善できるかどうか分かります。 上のイラストにより、すべての作業が手動で行われているように見えますが、実際は違います。自分でメトリクスを確認し、何が問題かを評価する必要はありません。V-Countは、トラフィックカウント技術に統合可能なその他の小売ソリューションを提供し、小売業者が店舗で起こっていることを深く理解するのを支援します。それらのソリューションの1つは、ビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)、AI駆動のデータ分析、およびビジネス報告プラットフォームです。BIPの詳細は、ここをクリックしてください。   店舗運営を改善するには トラフィックカウント技術と HeatmapやQueue Management Technologyなどのその他の小売アナリティクスソフトウェアを組み合わせる場合、メトリクスを開発して、店舗運営を追跡および最適化することができます。たとえば、Heatmapにより、店舗全体でのカスタマージャーニーが図示化されます。Queue Systemでは、店舗でのレジの混雑度と待ち行列をモニタリングします。 レジでの長い待ち行列により、カート離脱やロストセールスが生じます。これらを、多少の準備と積極的管理で防ぐことができます。たとえば、トラフィックデータを介して、ピーク時間帯を特定する場合、臨時のレジカウンターを設置して、トラフィックの一時的な混雑に対応することができます。Queue Systemにより、待ち行列の状況が通知されるため、追加の臨時カウンターを設置するか、または顧客をより混んでないセクションに誘導することができます。 Heatmapにより、訪問者が店舗を動き回る方法、顧客がどのセクションで最も時間を費やすか、人気の商品は何かを示すことができます。その結果、ユーザーは、店舗のレイアウトを改善して、カスタマージャーニーの容易化し、商品リストを最適化し、また新商品をトラフィックの多いセクションに配置して、露出を高めることができます。 店舗運営は、顧客の店内での行動に合うように設計される必要があります。これにより、常連客は、カスタマイズされた買い物体験を常に楽しむことが徹底され、店舗に再度訪れ、より多くの買い物をするよう動機付けられます。   その他の小売ソフトウェアに加えて、V-Countのトラフィックカウント技術により、小売業者が店舗のトラフィックをモニタリングし、顧客の行動を測定し、また顧客のニーズを満たすよう店舗を最適化することが可能になります。それらにより、システムと運営の非効率を除去し、長期的には、コストを削減し、(業績を改善する)ことができます。 当社のソフトウェアにご関心がおありの場合、今すぐV-Countのウェブサイトにアクセスしてください。小売業を経営している場合、無料のトライアルをご利用いただけます。お客様のビジネスがトライアルの対象かどうかご確認ください。

ドアカウンターと人数カウント技術についての知られざる5つの興味深い事実

October 25, 2019
anilbostanci

ドアカウンターと人数カウント技術は、ビジネスにおいて、物理的な場所の訪問者数を追跡することを可能にします。装置は入口と通路に設置され、これらの装置がその場所に出入りする人数をカウントします。人数カウント技術は、グローバルなビジネスの分野において効果的であることが証明されています。  このソリューションは、世界中の小売店だけではなく、銀行のホール、空港、ホテル、カジノ、テーマパーク、ガソリンスタンドなど、多くの場所で活用されています。 ある程度活用されているにもかかわらず、ビジネスマネージャーの多くは、人数カウント技術について多くを知りません。どのように作用し、ビジネスにどのようなメリットをもたらすものなのかを理解していないのです。より多くの人々がドアカウントシステムの背後にある概念を把握できるよう、5つの興味深い事実を以下で取り上げます。   最初の人数カウントシステムは手動 特定のビジネスにおいて、正確な往来人数を記録することが重要であることは、記録のための道具を生み出すまでに技術が発達していなかった時代にあっても認識されていました。このような背景から、最初のカウンター装置は手動でした。従業員は、入口付近に立つことを命じられ、人々が通過する度に装置のボタンを押していたのです。当然ながら、システムはとても非効率的で、人的資源の無駄遣いとみなされていました。さらに、人的ミスやラッシュアワー時の圧倒されるような往来人数から、収集されるデータの正確性に妥協も生じました。 このシステムに取って代わったのが、感圧マットにより記録される歩数に基づき訪問者を計測する圧力センサでした。これもそこまで正確とは言えず、結局、最初の電子カウンターに取って代わられることになりました。これらは、入口を横切るように照射される水平方向の赤外線と、カウントを記録するLCDユニットを特徴としていました。人々が赤外線を遮るごとに1回カウントされることになります。当時利用可能だった他の選択肢よりも正確性は高かったのですが、それでも、このシステムは60%から80%の正確性しかありませんでした。   現代の人数カウンターの正確性は98% 現代のドアカウンターの正確性は、従来のシステムと比べて著しく進歩しており、最も性能の良いカウンターは98%に達する正確性を記録しています。3Dステレオ視覚センサーを搭載したカウント装置は、往来が激しい時間帯であっても、高い有効性を誇ります。3Dカウンターは、一方向でも、双方向でも利用できます。 一方向のカウンターは、訪問者の出入りを区別しません。往来の総量を測定するのみであり、その数を2で割ります(通常の場合、人々は入ったら出ていくからです)。より高い正確性を目指す双方向のカウンターは、入ってくる人々を追跡し、同時に出ていく人々も追跡しますが、その数を別々に記録します。   子どもと大人を区別できるドアカウンターもある 3Dステレオカウンターは、多次元の奥行き検知を通じて、身長を計算することにより、訪問者を追跡します。簡単に言えば、これらの装置は、入口を通り抜ける訪問者の身長を測定します。身長に基づき、子どもと大人を識別します。 顧客はビジネスの場に子どもと一緒に訪れることがありますが、通常の場合、子どもはマーケットにおけるターゲットではありません。訪問者のカウントの際に子どもが含まれると、データは汚染され、コンバージョン率や集客率などの分析に影響を与えます。収集されたデータの正確性を高め、業績をよりよい精度で概観するには、子どもを除いて計測するドアカウンターが不可欠です。   小売業界は人数カウントの利用数が最も多い 訪問者があって成り立つすべてのビジネスは、客足を測定し、訪問者を追跡し、業績を評価するために、人数カウントシステムを必要とします。しかし、そのビジネスモデルが往来の最大化にどれほど依拠しているかを考えると、他のどのビジネスセクターよりも、小売店が人数カウント技術から最大限のメリットを享受しています。 ドアカウンターを利用する小売店は、どの程度効率的に店舗が運営されているかについて、幅広く知見を得る機会を有しています。これは、収集されたデータを変換して分析し、重要なリテール分析に落とし込むことによってなされます。 たとえば、チェックアウトのデータを用いて店舗の往来を分析すると、その店舗におけるコンバージョン率を算定することができます。往来のデータは、セクションごとの利用率を測定するために分析することができます。市場戦略の効率性を追跡するために用いることができます。ある小売チェーンにおける異なるロケーション間の業績を比較したり、各店舗の混雑/閑散時期を特定したり、スタッフ数を追跡したりすることにも用いることができます。   多くのビジネスでは収集した往来データを利用していない 人数カウントデータは役に立つものですが、多くの企業では、データを収集しても、それをまったく利用していません。これらの企業は、事業運営、顧客のふるまい、特定の戦略が売上に及ぼす影響についてのデータを欲しています。しかし、フォレスター社の報告書によれば、収集されたデータのうち、最大でその73%が利用されていません。 既に人数カウントシステムが設置されているにもかかわらず、訪問者データを活用する方法を知らないのであれば、上記(4)に記載のすべての分析の機会を失っています。これは、往来、売上、事業運営、これらの結果としての業績を追跡し、最適化することができないことを意味します。 幸いにも、人数カウントソリューションの世界有数のプロバイダーであるV-Countには、最先端のAIと機械学習ツールを用いて訪問者データを分析するビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)があります。 ドアカウンターや人数カウント技術がどのようにビジネスを変容させることができるかに興味があるオーナー/マネージャーの方々は、V-Count.comにある詳細情報をご覧ください。無料トライアルを提供しておりますので、利用資格についてご確認ください。

ビジターアナリティクス:ショッピングモールのトラフィックを最大化するためのテクノロジー

October 4, 2019
anilbostanci

ショッピングモールは、スペースを賃借する小売業者に加え、店舗を訪れる顧客に快適な環境を提供する必要があります。しかしながら、ほとんどのモールの複雑なレイアウトと途切れることない毎日のビジターを考慮すると、これは簡単な作業ではありません。公共空間を歩き回っている大勢の人を記録することは難しく、彼らのショッピング体験を管理することはよりいっそう難しいです。 ショッピングモールの管理者にとって、ビジター全員に円滑なショッピング体験を提供することが最重要です。ビジターが満足すれば、今後より多くのビジターが来場し、モール内の店舗に絶え間なく見込みの顧客が訪れます。モールがより多くのビジターを引き寄せるにつれて、モール内にスペースを確保することを目指す小売業者も増えます。需要が増えることにより、賃貸料が高くなります。 一部のアナリティクスにより、顧客を記録し、彼らの「モール内」体験を改善するのがより容易になります。ただし、これらのアナリティクスを測定するために、以下のテクノロジーが必要になります。   人数カウントテクノロジー 人数カウントテクノロジーにより、ショッピングモールの管理者は、任意の時間に、複合施設内に何人がいるかを測定することができます。彼らは、毎日の最も忙しい時間帯と週で最も忙しい曜日を特定することができます。これらのアナリティクスは、スタッフのスケジュールを改善し、モールのサプライ用品を補充するために使用されます。 ショッピングモールはまた、ビジターのトラフィックデータを使用して、マーケティングキャンペーンの有効性や過去のパフォーマンスに対するベンチマークを測定することができます。新しい小売業者にスペースを賃貸するとき、トラフィックデータにより、モールがどの程度アクティブか、また個々の店舗が何人のビジターを引き寄せているかが明らかにされます。 ビジターが少ない時間帯は、店員と警備員にとって、休憩を取り、次のトラフィックに向けて準備する機会になります。トイレのサプライ用品を交換し、陳列台が清潔であることを確認するのに最適な時間です。 モール内で人々が快適に過ごすことができればできるほど、購入するチャンスが高まります。トラフィックデータにより、アクティビティが低いことが明らかである場合、より多くのビジターを引き寄せるために、マーケティング戦略を実施することができます。人数カウントテクノロジーにより、これらの戦略のパフォーマンスを測定し、それらを最適化することができます。   ヒートマップテクノロジー ヒートマップにより、モール管理者は、ビジターアナリティクスをより深く調べることができます。何人がスペースを歩き回っているか、どのセクションが最もアクティブか、またビジターが建物を歩き回るのがいかに容易かが分かります。ビジターがモールを移動する方法を表示することにより、混雑している場所を特定し、混雑を避け、モールのレイアウトを改善することができます。 最も人通りの多い通路に沿って広告を配置して、視認性を高めることができます。より高いトラフィックのあるセクションは、ボトルネックを回避し、不品行を最小限に維持するために、より多くの店員と警備員を必要とします。魅力的な展示は、よりビジターが少ないセクションで、トラフィックを改善するために使用できます。 さらに、ヒートマップのデータを使用して、スペースに対する小売業者の賃貸料を決定することができます。一等地にある店舗は、アクティブがより低いセクションの店舗よりも高い賃貸料であるべきです。また、見込みのテナントに、トラフィックデータとともに、ヒートマップデータを示すことができます。これにより、モールに大勢のビジターが来ること、およびビジターのかなりの割合が新店舗が所在するセクションを通ることが示されます。   人口層分析テクノロジー このテクノロジーは、モールのビジターをさまざな人口層に分けます。ビジターの主な年齢層に加え、性別、スペースを歩き回るときのビジターの気分がわかります。たとえば、ツールのアナリティクスが65%のビジターが中年女性であることを示している場合、それに基づいて、マーケティングおよび賃貸を決定できます。 新しい占有者を探しているとき、あなたは賃貸スペースを主なグループを対象とする小売業者に優先することができます。彼らに人口層アナリティクスを提示することより、モールにターゲットマーケットの途切れることのないトラフィックがあることを示すことができます。既存の店舗が主な人口層を対象とする商品を販売している場合、既存の店舗に対してデータを提示して、彼らが利用できる販売機会を強調することもできます。 ショッピングモールの管理者はまた、マーケティングキャンペーンを作成して、若い/年を取った男女などの目立たないグループをターゲットにすることもできます。モールの人口層の分布が多様になればなるほど、店舗スペースを探している小売業者にとって、モールはますます魅力的になります。均一な分布はまた、より多くのビジターと販売機会の増加を意味します。 システムの一部の気分認識により、モール管理者は、建物から出るときと建物に入るときのビジターの気分を把握することができます。不満足なビジターは利益を生まないため、痛点を特定し、迅速な解決策を提供することが重要です。   上記のテクノロジーにより、ショッピングモールと小売店は、現在の物理的スペースでのビジターの行動を測定し、彼らの過去の行動を分析できます。結果として生じるアナリティクスは次に、今後の行動を予測するために使用され、ビジター全員に最適化およびカスタマイズされたショッピング体験を提供するのが容易になります。 ショッピングモールまたは小売店がそれらのいずれかを活用するには、今すぐV-Count.comにアクセスして、継続的な無料トライアルの資格があるかどうか確認してください。

ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがもたらす多くの利益

ピープル・カウンタ・デバイスを使用して、企業は物理的な店舗やオフィスを毎日訪れる顧客の数を見積もることができます。ヒートマップ技術を使用すれば、どのセクションに人が最も訪れているか、どの製品を手に取り、さらにそのセクションで何分ほどの時間を費やしているかなど、顧客が一定のスペースでどのような動きを示すかを知ることができます。一方、待ち行列管理デバイスは、それぞれのお客様がレジカウンターで過ごす時間を示すものです。これらのデバイスによって得られる情報は、その意味の適切な解釈の伴わない生のデータであり、基本的に役に立つものとは言えません。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、収集されたデータを解釈し、それを明快なレポートの形式で提示します。これにより、管理者がサービス提供を最適化し、ビジターを顧客に変換するような、データに基づくビジネスとマーケティング戦略を見出し、売上を伸ばすことができるようになります。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームのもたらす利益について、詳しくご紹介いたします: 販売機会の喪失を防ぐ あなたの店舗に訪れ、そして何も購入しなかったお客様は何人いるでしょうか?お客様が購入を取りやめる主要な理由は何でしょうか?今後はそうならないように、どんな対策を実施できるでしょうか?これらの質問に対する答えがあれば、ビジネスにおける販売機会の喪失を減少させ、変換率を改善することに貢献できます。 店舗におけるピープル・カウンタ・デバイスのデータにより、ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム顧客トラフィックに対する販売成功の分析が完成します。管理者は1時間あたり(または1シフトあたり)販売機会がいくつ失われたかを知ることができます。例えば、待ち行列管理デバイスによって、その期間に長い列があったことがわかり、さらにその行列が長すぎたために顧客は購入を断念するというようなことが明らかになります。 そうしたデータは、その店舗の準備には不備があり、結果として大きな顧客トラフィックに圧倒されていることを明らかにします。そこで、その再発を防止するために、例えばもう一つレジの行列を設けて、あまり忙しくない業務を行っている数人のスタッフを、レジでの作業に振り分けるなどの手順を踏むことができるのです。 スタッフ配置の改善および最適化されたサービス提供の確実な実施 銀行、携帯電話のサービスショップ、自動車のショールーム、レストランやバーなど、特定のサービスを提供する事業所で最適なサービスを提供するには、ビジターに対するスタッフ数の比率を適切に保つ必要があります。考えてみてください:10人の客に対して2人しかアテンダントのいないレストランで、お客様の全員が満足するサービスを受けるという事はまずありえないでしょう。アテンダントの数を6人に増員すればサービスの質はかなり向上します。 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム はヒートマップとピープル・カウンタ・デバイスからの履歴データを利用し、管理者が1時間あたり(または1シフトあたりの)スタッフに対するビジターの比率を知ることができるようにします。これにより毎日の人員配置状態が示されます。コンピュータで自動化されたヒントを使うことで、このプラットフォームは、最高のパフォーマンスを確保するために、特定の時間に何人のスタッフまたはアテンダントを配置する必要があるかについての情報を管理者に提供することもできます。その結果、管理者は停滞する時間帯にはスタッフを配備せず、ピークの時間帯にはすべてのスタッフを揃えておくことが可能になります。 マーケティング・キャンペーンの効果性を定量化 新しい広告を作成し、それを見て来店した新規顧客の数を計測できるとしたらどうでしょうか。あるいは、新しいマーケティングの取り組みや、それが売り上げと顧客変換率に与えた影響を判定できるとすればどうでしょうか。マーケティング・キャンペーンアナライザによって、企業は自身が行うマーケティング活動の新しい取り組みを発表する前と後での店舗における顧客活動の比較を入手できます。 ピープル・カウンタ・デバイスにより、店舗を訪れた人の数を把握し、ヒートマップ・データは、どれだけ多くの人がその新製品をチェックしているかを示します。さらにビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、このデータを解釈して、得られたトラフィックの量、そして新しい取り組みによって得られた売上の増加を見積もることができます。訪問から販売への変換率、顧客の歩行活動、店舗滞在時間などのパフォーマンスなどの業績評価の指標が、キャンペーンの前と後でどう変化したかも計測することができます。これにより企業はマーケティングに費やされた金額当たりの効果を測定できるようになるため、効果が得られないキャンペーンを廃止することができるのです。こうした情報は戦略に微調整を施し、さらに効果的なものとするのに役立ちます。 待ち行列管理の実践のためのより効率的なデバイス 小売店において、精算のための長い行列は購入を取りやめる最大の理由の一つです。さらに悪いことに、あの店では長い行列を作って待たなければならないという悪評が立てば、お客様は店舗を訪問しなくなり、さらに効率の良い選択肢を求めていくことでしょう。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがあれば、管理者は、特定の時間にレジの行列に何人の客が並んでいるか、その時間に何人が購入を取りやめたかを把握できるようになります。これにより、管理者は平均待ち時間を削減し、店舗をより効率的に運営するための対策を実行することができるのです。 待ち行列が長すぎる場合、管理者はリアルタイムでその通知を受け取れるため、お客様がうんざりしてしまう前に、余裕を持って臨時のレジカウンタを設置することもできます。レジ待ち行列が短ければそれだけ店舗の効率が上がり、購入の取りやめが少なくなるほど、販売変換率が向上するというわけです。 終わりに V-Countは、ビジター分析において世界で最も先進的なプロバイダーです。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームでは、収集したデータをAIおよび機械学習を活用して分析する、クラウドベースのストレージ・インフラストラクチャをお客様に提供しています。その結果、クライアントに対し、店舗(またはオフィスの所在地)における業績の評価情報を提供することが可能となりました。さらに弊社は、業務改善と新しいビジネスの取り組みを最適化するのに役立つ、レポートおよび機能を提供しています。 弊社は世界100ヵ国以上で製品およびサービスを提供しています。 v-count.comでさらに詳しい情報をご覧ください。また、無料トライアルを開始するには、+1 866 549 9360までお電話でどうぞ。


Subscribe To Our Newsletter