図書館、美術館・博物館

利用者数を数え正しく把握することは、図書館や博物館にとって、政府の助成を受け取るためにも必要不可欠なツールです。

図書館、美術館・博物館は非営利団体であるため、多くの収益を得ることはありません。 この種の施設では政府の資金補助に依存しているため、資金調達の必要性を正当化し、必要な資金を確保するために、利用者数の統計データを正確に把握し提示する必要があります。 これらの施設に入館する日別、週別、月別または年別の利用者/利用者数の正確なレポートを作成するために、ピープルカウンターはとても有用です。 これらの情報は、財務状況が厳しさを増すなかで、この種の施設の運営にかかわる労働、予算、サービスの必要に対する基本的な指標として機能するのです。

people counter

図書館や美術館・で人数をカウントするメリット:

People Counter正確なレポート

彼らは、日別、週別、月別または年別で図書館や美術館、博物館に入館する訪問者/利用者数を正確にレポートする。

info労働、予算やサービスを要求する明確な根拠として

これらの情報は、財務状況が厳しさを増す中で、図書館や美術館・博物館の労働、予算、およびサービスに対する予算確保を要求する際の基礎データとして重要な情報となり得ます。

People Counter信頼できるコミュニティリソースとしての立場を保つ

人材、資金、リソースを十分に確保することで、図書館や美術館、博物館は地域社会をより良くサポートし、信頼できるコミュニティとしての地位を維持することができます。

People Countingグループカウンティング

訪問者、家族やカップル等を1つの潜在的な利用者グループとして統合することで、コンバージョン率を混じりけのないものにします。

図書館や美術館・博物館でのヒートマップのメリット:

People Countingリアルタイム来訪者トラッキング

図書館や美術館・博物館内の訪問者の動線と行動をリアルタイムで追跡して記録します。 これにより、どこに滞留しているのか、どこに最も興味を引き付けられているのかを理解することができます。

People Counting人気エリアの最適化

どのエリアを訪れた後にどのくらいの利用者が図書館や博物館から出ていくかを把握し、レイアウトや人気エリアの見栄えを変化させて離脱率を減らします。

マーケティングの有効性People Counting

図書館や美術館・博物館のイベント、キャンペーン、様々の分野で使用されている多様なメディアチャンネルの成果を分析することで、アトラクションやアクティビティ、効果や利益率を向上させることができます。

図書館や美術館・博物館でWi-Fi トラッキングするメリット:

People Countingスタッフの除外

日別および時間帯別でスタッフのMac IDアドレスを追跡して、合計人数から差し引くことで「純粋な」ビジタートラフィックデータが得られます。

今すぐ無料でお試しください


Subscribe To Our Newsletter