スマートビルディング

高精度なピープルカウントと混雑度分析データで、スマートビルディングのエネルギー使用量と運用コストを管理し最適化します。

人々とテクノロジーをつなぐ

スマートビルディングは、仕事と生活の領域だけでなく、費用対効果の面で価値が維持できるように投資を考慮する面でも重要です。 彼らは、居住者や運営側の双方にとってより効率的であるよう、独立して動作するサブシステムに接続した情報技術を用いて設計されています。 これらの技術は、居住者とも関わり、エネルギー節約の考えを大いに活かし、どうしたらより地球環境にやさしいのか実行可能な決定を下します。

これはピープルカウントと混雑度分析がまず重要になってきます。居住者の出入りを追跡し、滞在時間やどのくらいの建物スペースが占有されているかを分析することで、エネルギー節約、コストの最小化、建物価値の最適化に関するビジネス上の意思決定を効果的に行うことができます。

People Counter

スマートビルディングのメリット

空調と照明を最適化する

コストを最小限に抑えることはスマートビルディング業界だけではなくどの業界にとっても重要なことです。空調、冷暖房、照明はスマートビルディングを運営するために必要な総コストの大きな割合を占めています。 建物内の混雑度レベルと、人が到着し離れる時間を測定することで、空調と照明の使用を最適化することができます。 すべての分析データを取得したら、オフィススペースを連結するかどうかや従業員の作業をスケジュール調整してエネルギー使用量を節約するかどうかを決めることができます。

People Counter
people counting

コストの最小化

コストを最小限に抑えることは、スマートビルディング業界と同様、あらゆる業界の不可欠な部分です。 スマートビルディングは、快適性、空気の質、安全性、衛生性、暖房性などの居住者に有益な建物サービスを提供し、人件費を最小限に抑え、環境への影響をできる限り少なくします。情報技術を利用して、普段は個別に動作しているサブシステムに接続することにより、これらのシステムが情報を共有して全体のビルパフォーマンスを最適化することができます。 すべてのシステムが同期して動作を開始すると、建物はエネルギーをより効率的に利用し、すべてのコストを削減します。 また、通行数と建物全体の混雑度を測定して、最も混み合ったエリアがどこにあるのか、未使用のエリアがどこにあるのかを確認することで、コストを最小限に抑えることができます。
その結果、各フロアの混雑度に応じてスタッフの業務をスケジューリングし、使用されていないエリアの衛生管理のために無駄な時間やコストを使わないで済ますことができます。

スマートビルディングでのピープルカウント:

People Counting人のリアルタイム混雑度

スマートビルディングに出入りし滞在している人々を数えます。 ビル全体やフロア毎に人数を測定し、分析することができます。 20人以下なのかまたは1000人以上いるのか、正確に人数を計測することで、それに合わせ適切なレベルで、換気、暖房や照明のコストを管理することができます。

スマートビルディングでのヒートマップ:

People Countingピープルトラッキング

スマートビルディングに出入りし滞在する人々の経路と行動を追跡して記録し、エネルギーとコストの節約面で有益な方法を教えてくれます。 

People Countingスマートビルディングのレイアウトを改善する

スマートビルディング内で最も使用され、最も混雑しているエリアを見つけ出してください。 このようにして、人々が最も向かう場所に応じてデザインを変更し、スペースの利用を改善していくことができます。

People Counting最も使用されているエリアを最適化する

建物内のさまざまなエリアを使用し占有している人数を測り、照明、スペース、換気の質に関して居住者により快適なレイアウトの改善方法が分かります。

今すぐ無料でお試しください


Subscribe To Our Newsletter