ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがもたらす多くの利益

ピープル・カウンタ・デバイスを使用して、企業は物理的な店舗やオフィスを毎日訪れる顧客の数を見積もることができます。ヒートマップ技術を使用すれば、どのセクションに人が最も訪れているか、どの製品を手に取り、さらにそのセクションで何分ほどの時間を費やしているかなど、顧客が一定のスペースでどのような動きを示すかを知ることができます。一方、待ち行列管理デバイスは、それぞれのお客様がレジカウンターで過ごす時間を示すものです。これらのデバイスによって得られる情報は、その意味の適切な解釈の伴わない生のデータであり、基本的に役に立つものとは言えません。

ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、収集されたデータを解釈し、それを明快なレポートの形式で提示します。これにより、管理者がサービス提供を最適化し、ビジターを顧客に変換するような、データに基づくビジネスとマーケティング戦略を見出し、売上を伸ばすことができるようになります。

ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームのもたらす利益について、詳しくご紹介いたします:

販売機会の喪失を防ぐ

あなたの店舗に訪れ、そして何も購入しなかったお客様は何人いるでしょうか?お客様が購入を取りやめる主要な理由は何でしょうか?今後はそうならないように、どんな対策を実施できるでしょうか?これらの質問に対する答えがあれば、ビジネスにおける販売機会の喪失を減少させ、変換率を改善することに貢献できます。

店舗におけるピープル・カウンタ・デバイスのデータにより、ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム顧客トラフィックに対する販売成功の分析が完成します。管理者は1時間あたり(または1シフトあたり)販売機会がいくつ失われたかを知ることができます。例えば、待ち行列管理デバイスによって、その期間に長い列があったことがわかり、さらにその行列が長すぎたために顧客は購入を断念するというようなことが明らかになります。

そうしたデータは、その店舗の準備には不備があり、結果として大きな顧客トラフィックに圧倒されていることを明らかにします。そこで、その再発を防止するために、例えばもう一つレジの行列を設けて、あまり忙しくない業務を行っている数人のスタッフを、レジでの作業に振り分けるなどの手順を踏むことができるのです。

スタッフ配置の改善および最適化されたサービス提供の確実な実施

銀行、携帯電話のサービスショップ、自動車のショールーム、レストランやバーなど、特定のサービスを提供する事業所で最適なサービスを提供するには、ビジターに対するスタッフ数の比率を適切に保つ必要があります。考えてみてください:10人の客に対して2人しかアテンダントのいないレストランで、お客様の全員が満足するサービスを受けるという事はまずありえないでしょう。アテンダントの数を6人に増員すればサービスの質はかなり向上します。

ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームヒートマップとピープル・カウンタ・デバイスからの履歴データを利用し、管理者が1時間あたり(または1シフトあたりの)スタッフに対するビジターの比率を知ることができるようにします。これにより毎日の人員配置状態が示されます。コンピュータで自動化されたヒントを使うことで、このプラットフォームは、最高のパフォーマンスを確保するために、特定の時間に何人のスタッフまたはアテンダントを配置する必要があるかについての情報を管理者に提供することもできます。その結果、管理者は停滞する時間帯にはスタッフを配備せず、ピークの時間帯にはすべてのスタッフを揃えておくことが可能になります。

マーケティング・キャンペーンの効果性を定量化

新しい広告を作成し、それを見て来店した新規顧客の数を計測できるとしたらどうでしょうか。あるいは、新しいマーケティングの取り組みや、それが売り上げと顧客変換率に与えた影響を判定できるとすればどうでしょうか。マーケティング・キャンペーンアナライザによって、企業は自身が行うマーケティング活動の新しい取り組みを発表する前と後での店舗における顧客活動の比較を入手できます。

ピープル・カウンタ・デバイスにより、店舗を訪れた人の数を把握し、ヒートマップ・データは、どれだけ多くの人がその新製品をチェックしているかを示します。さらにビジネス・インテリジェンス・プラットフォームは、このデータを解釈して、得られたトラフィックの量、そして新しい取り組みによって得られた売上の増加を見積もることができます。訪問から販売への変換率、顧客の歩行活動、店舗滞在時間などのパフォーマンスなどの業績評価の指標が、キャンペーンの前と後でどう変化したかも計測することができます。これにより企業はマーケティングに費やされた金額当たりの効果を測定できるようになるため、効果が得られないキャンペーンを廃止することができるのです。こうした情報は戦略に微調整を施し、さらに効果的なものとするのに役立ちます。

待ち行列管理の実践のためのより効率的なデバイス

小売店において、精算のための長い行列は購入を取りやめる最大の理由の一つです。さらに悪いことに、あの店では長い行列を作って待たなければならないという悪評が立てば、お客様は店舗を訪問しなくなり、さらに効率の良い選択肢を求めていくことでしょう。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームがあれば、管理者は、特定の時間にレジの行列に何人の客が並んでいるか、その時間に何人が購入を取りやめたかを把握できるようになります。これにより、管理者は平均待ち時間を削減し、店舗をより効率的に運営するための対策を実行することができるのです。

待ち行列が長すぎる場合、管理者はリアルタイムでその通知を受け取れるため、お客様がうんざりしてしまう前に、余裕を持って臨時のレジカウンタを設置することもできます。レジ待ち行列が短ければそれだけ店舗の効率が上がり、購入の取りやめが少なくなるほど、販売変換率が向上するというわけです。

終わりに

V-Countは、ビジター分析において世界で最も先進的なプロバイダーです。ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームでは、収集したデータをAIおよび機械学習を活用して分析する、クラウドベースのストレージ・インフラストラクチャをお客様に提供しています。その結果、クライアントに対し、店舗(またはオフィスの所在地)における業績の評価情報を提供することが可能となりました。さらに弊社は、業務改善と新しいビジネスの取り組みを最適化するのに役立つ、レポートおよび機能を提供しています。

弊社は世界100ヵ国以上で製品およびサービスを提供しています。 v-count.comでさらに詳しい情報をご覧ください。また、無料トライアルを開始するには、+1 866 549 9360までお電話でどうぞ。


Subscribe To Our Newsletter