トラフィックカウント技術およびその技術が小売店のビジネスをどのように支援するか

小売店は訪問者を引き寄せることに苦労していますか?または見込み客の変換に苦労していますか?たぶん大勢の訪問者が小売店を訪れるでしょうが、そのほとんどが何かを購入することなく退出しているのではないでしょうか?小売店が最適に機能していない場合、またその理由を理解したい場合、V-Countのトラフィックカウント技術が回答を提供します。

当社のトラフィックカウント技術により、小売業者は、店舗および物理的場所の顧客のトラフィックを測定できます。通常、トラフィックデータの収集には多数の利点(人材の配属の改善、在庫補充の最適化、消耗品不足の回避の徹底など)があります。ところが、トラフィックデータをさらに分析した場合、重要な小売のメトリクスが開発されます。集客率、変換率、顧客とスタッフの比率、滞留時間、利用率、ロストセールス、カート離脱率などのメトリクス。

小売業を経営している場合、こららのメトリクスにより、顧客の店舗での行動、店舗の業務がどれほど円滑か、またビジネスの全般的な業績を追跡できます。店舗が特定の分野で業績が振るわない場合、メトリクスによりそれが分かります。その後、業績を改善するための戦略を導入して、進捗を追跡することができます。

小売業がトラフィックカウント技術からどのように恩恵を受けるかは、以下から詳しく確認できます。

 

店舗のフットフォールを測定し改善するには

小売店のトラフィックカウンターからのデータにより、何人が店舗に訪れるかが分かります。ユーザーはさらに、時間当たりの訪問者の人数を測定でき、ピーク時間帯とオフピーク時間帯を特定することができます。最も忙しい時間帯に、最大の売り上げの可能性があります。そうした時間帯を予測することにより、ユーザーはしかるべく準備することができます。フットフォールデータはまた、変換率、すなわち購入を行った訪問者の割合を測定するためにも使用されます。これは、店舗がどの程度トラフィックを最大化しているかを示します。

変換率を改善することは不可欠ですが、以下の2つの理由により大勢の訪問者を引き寄せる必要があります。第1に、見込み客は、店舗を訪れるときにのみ変換されます。第2に、実店舗の平均変換率は22.5%です。したがって、100人の訪問者を引き寄せた場合でも、そのうちのわずか20~25人が最終的に何かを購入するのです。

このため、トラフィックカウント技術からのデータにより、ユーザーが十分な訪問者を引き寄せていないことが明らかになった場合、フットフォールの改善を優先する必要があります。訪問者のトラフィックほど重要なメトリックはありません。その他のすべての小売のパラメーターは、それに依存しています。

 

店内の買い物行動を分析するには

訪問者を引き寄せた後の次の手順は、彼らの店舗での行動を理解することです。訪問者がどのように行動するかを知れば、彼らが好きなこと、また彼らを喜ばせる方法を予測することができます。個別化した買い物体験を訪問者に提供することにより、彼らはより高いレベルの満足度を得るため、満足した顧客はさらに買い物することになります。このレポートでは、2020年までに顧客体験は、ブランド間の主な際立った特性になり、製品品質、価格を上回ると予測しています。

では、トラフィックカウント技術により、どのように店内の買い物行動が測定されるのでしょうか?簡単です。先に述べたメトリクスを通してです。このイラストを検討してください。滞留時間により、何人が店舗(または店舗のセクション)を訪れ、また訪問者が平均でそこでどのくらいの時間を費やしたかが測定されます。データにより、顧客が店内で長い時間を費やしていないことが分かる場合、多数の要因が原因である場合があります。おそらく、彼らは自分が欲しい商品を見つけていないか、または接客する店員がいないのではないでしょうか。顧客とスタッフの比率により、特定の時間帯に店内のスタッフの数が少ないかどうか、またスタッフを雇用する/スタッフをより効果的に配備することにより、滞留時間を改善できるかどうか分かります。

上のイラストにより、すべての作業が手動で行われているように見えますが、実際は違います。自分でメトリクスを確認し、何が問題かを評価する必要はありません。V-Countは、トラフィックカウント技術に統合可能なその他の小売ソリューションを提供し、小売業者が店舗で起こっていることを深く理解するのを支援します。それらのソリューションの1つは、ビジネスインテリジェンスプラットフォーム(BIP)、AI駆動のデータ分析、およびビジネス報告プラットフォームです。BIPの詳細は、ここをクリックしてください。

 

店舗運営を改善するには

トラフィックカウント技術と HeatmapQueue Management Technologyなどのその他の小売アナリティクスソフトウェアを組み合わせる場合、メトリクスを開発して、店舗運営を追跡および最適化することができます。たとえば、Heatmapにより、店舗全体でのカスタマージャーニーが図示化されます。Queue Systemでは、店舗でのレジの混雑度と待ち行列をモニタリングします。

レジでの長い待ち行列により、カート離脱やロストセールスが生じます。これらを、多少の準備と積極的管理で防ぐことができます。たとえば、トラフィックデータを介して、ピーク時間帯を特定する場合、臨時のレジカウンターを設置して、トラフィックの一時的な混雑に対応することができます。Queue Systemにより、待ち行列の状況が通知されるため、追加の臨時カウンターを設置するか、または顧客をより混んでないセクションに誘導することができます。

Heatmapにより、訪問者が店舗を動き回る方法、顧客がどのセクションで最も時間を費やすか、人気の商品は何かを示すことができます。その結果、ユーザーは、店舗のレイアウトを改善して、カスタマージャーニーの容易化し、商品リストを最適化し、また新商品をトラフィックの多いセクションに配置して、露出を高めることができます。

店舗運営は、顧客の店内での行動に合うように設計される必要があります。これにより、常連客は、カスタマイズされた買い物体験を常に楽しむことが徹底され、店舗に再度訪れ、より多くの買い物をするよう動機付けられます。

 

その他の小売ソフトウェアに加えて、V-Countのトラフィックカウント技術により、小売業者が店舗のトラフィックをモニタリングし、顧客の行動を測定し、また顧客のニーズを満たすよう店舗を最適化することが可能になります。それらにより、システムと運営の非効率を除去し、長期的には、コストを削減し、(業績を改善する)ことができます。

当社のソフトウェアにご関心がおありの場合、今すぐV-Countのウェブサイトにアクセスしてください。小売業を経営している場合、無料のトライアルをご利用いただけます。お客様のビジネスがトライアルの対象かどうかご確認ください。


Subscribe To Our Newsletter